đŸ‘‘åŽ‰į”Ŗ ゚トãƒŦッチ✔ - č‡¨æœˆãĢãĒãŖたら厉į”ŖäŊ“操でしãŖかり運動しよう

č‡¨æœˆãĢãĒãŖたら厉į”ŖäŊ“操でしãŖかり運動しよう

ã“ãŽč˛´é‡ãĒ時間をさらãĢ有意įžŠãĢ過ごし、čĩ¤ãĄã‚ƒã‚“とå‡ēäŧšãˆã‚‹æ—ĨをæĨŊしãŋãĢåž…ãĄãžã—ã‚‡ã†ã€‚ čēĢäŊ“を動かすことぱトãƒŦã‚šč§ŖæļˆãĢも劚果があることはよくįŸĨられãĻいぞすね。

26

厉į”ŖãĢ向けãĻīŧč‚Ąé–ĸį¯€ã‚’柔らかくする゚トãƒŦッチとはīŧŸ

そぎせいか、å‡ēį”Ŗ時ãĢäŊ“力がãĒくé™Ŗį—›ãŒé ãŽãã€é™Ŗį—›ã‹ã‚‰ãŠį”ŖぞでãĢīŧ’īŧ•æ™‚間もかかãŖãĻしぞいぞした。 柔道整垊å¸Ģīŧˆå›ŊåŽļčŗ‡æ ŧīŧ‰å–垗垌、大å­Ļé™ĸãĢãĻį ”įŠļã‚’čĄŒã„ã€æ•´åŊĸ外į§‘勤務をįĩŒãĻ整äŊ“é™ĸ開é™ĸ。

3

厉į”Ŗエクã‚ĩã‚ĩイã‚ē 全čēĢぎ゚トãƒŦッチįˇ¨

čĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ぎペãƒŧã‚šãĢ合わせることãĢãĒり、毎æ—Ĩ慌ただしく過ごすことãĢãĒりぞす。

22

厉į”Ŗ゚トãƒŦッチ

åŋ…ず毎æ—ĨčĄŒã†ã“ã¨ã§ã‚‚ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ ゚トãƒŦッチでäŊ“ã‚’ã‚„éĒ¨į›¤å‘¨čžēを柔らかくすることで゚ムãƒŧã‚ēãĒおį”ŖãĢįš‹ãŒã‚Šãžã™ã€‚

9

初į”Ŗでも厉į”ŖãĢãĒる厉į”Ŗ゚トãƒŦッチぎ斚æŗ•

é™Ŗį—›ãŽį—›ãŋãĢč€ãˆãĻã‚‹æ™‚é–“ã¯čž›ã‹ãŖたですが、順čĒŋãĢé™Ŗį—›ã‚‚進ãŋぞしたし、最垌いきむæŽĩ階では、5回いきんだらį”ŖぞれãĻしぞãŖたぎで、かãĒり厉į”ŖだãŖたぎではãĒいかãĒと思いぞす。 部分įš„ãĒ゚トãƒŦッチをすることで、åĻŠå¨ åˆæœŸã‹ã‚‰č‡¨æœˆãžã§čĄŒã†ã“とができぞす。 厉į”Ŗã‚ąã‚ĸぎツボæŠŧし 厉į”Ŗã‚ąã‚ĸとしãĻ、ツボをæŠŧしãĻåˆēæŋ€ã™ã‚‹ã“ã¨ã§čĄ€æļ˛ãŽäŋƒé€˛ã‚„免į–Ģ力ã‚ĸップが期垅できぞす。

14

厉į”ŖãĢ向けãĻīŧč‚Ąé–ĸį¯€ã‚’柔らかくする゚トãƒŦッチとはīŧŸ

中æ­ĸしãĻもäŊ“čĒŋがæˆģらãĒいときは、すぐãĢかかりつけぎį—…é™ĸãĢé€ŖįĩĄã—ãĻč¨ē察を受けるâ€ĸ 厉į”ŖぎためãĢは運動しãĻおいた斚がいいãŖãĻčžããžã™ãŒã€ã„ã¤ã‹ã‚‰å§‹ã‚ãĻおぎくらい運動しãĻãŠã‘ã°č‰¯ã„ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹īŧŸ į›ŽæŦĄâ€ĸ おå°ģぎįŠ´ãĢ力をå…Ĩã‚Œã‚‹ã“ã¨ã‚’æ„č­˜ã—ãĻčĄŒã„ãžã—ã‚‡ã†ã€‚ äēēãĢよãŖãĻは、äŊ•æ™‚間もそぎäŊ“å‹ĸぎぞぞでいãĒければãĒりぞせん。

åĻŠå¨ åžŒæœŸãŽã‚šãƒˆãƒŦッチ斚æŗ•ãŠã™ã™ã‚3選īŊžč…°į—›ãĢ劚くåĻŠå¨ åžŒæœŸãŽåĻŠåŠĻäŊ“操

å°ŋæŧã‚Œãƒģé ģå°ŋ åĻŠå¨ åžŒæœŸãŽåĻŠåŠĻã•ã‚“ã¯ä¸Šč¨˜ãŽã‚ˆã†ãĒトナブãƒĢãĢ悊ぞされることが多くãĒりぞす。

厉į”ŖぎためãĢできることâ€Ļ運動やäŊ“つくり、過ごし斚やグッã‚ēį´šäģ‹

鉄分ぎ吸収を劊けるビã‚ŋミãƒŗCã‚„ãŸã‚“ãąãčŗĒもæŦ ã‹ã›ãžã›ã‚“。 ゚トãƒŦã‚šã‚’æēœã‚ã‚‹ 3. éĒ¨į›¤é–ĸäŋ‚は厉厚期äģĨ降ãĢ゚トãƒŦãƒƒãƒã‚’čĄŒã†ã‚ˆã†ãĢしãĻください。

13