✔å°ŋ į”˜ã„ éĻ™ã‚ŠđŸ“€ - おしãŖこがいい匂いãĢãĒãŖãĻいる

åŖぎ中がį”˜ã„感じがする原因はīŧŸį—…気ぎ可čƒŊ性をį´šäģ‹īŧ

こぎã‚ĸãƒŗãƒĸニã‚ĸč‡­ãŒãã¤ã„ã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ å°ŋをæēœã‚ãŸé–“、おれくらいå°ŋãĢįŗ–がå‡ēãĻいるかをæ¸Ŧ厚するもぎですぎで、毎回éŖŸå‰ãĢ排å°ŋã—č†€čƒąã‚’įŠēãĢした垌、éŖŸåžŒ2時間垌ãĢ検æŸģするãĒお、æąēぞãŖたパã‚ŋãƒŧãƒŗでæ¸Ŧ厚するとéŖŸåžŒéĢ˜čĄ€įŗ–ã‚’æŠŠæĄã§ããžã™ã€‚ 数時間垌ãĢį—‡įŠļが攚善しãĒい場合、個äēēは数æ—ĨäģĨ内ãĢåŒģå¸ĢãĢč¨ēãĻもらうずきです。

2

åŖぎ中がį”˜ã„感じがする原因はīŧŸį—…気ぎ可čƒŊ性をį´šäģ‹īŧ

おåŊšįĢ‹ãĄæƒ…å ąâ€ĸ 血å°ŋãŒé•ˇãįļšãå ´åˆã¯ã€č†€čƒąã‚„腎臓ãĒおãĢæ‚Ē性č…Ģį˜ãŒã‚る可čƒŊ性があり、攞ãŖãĻãŠãã¨åąé™ēです。

3

致æ­ģ量ぎ果原īŊžæą—ã‚‚å°ŋもį”˜ã„双子 12åˇģ īŊžį”˜ã„éĻ™ã‚Šã§é †å­ã‚’動けãĒくしãĻキ゚しãĻã—ãžã†æĄ‚ ぎネã‚ŋバãƒŦãƒģ感æƒŗ、į„Ąæ–™čŠĻしčĒ­ãŋį´šäģ‹ã—ぞすīŧ

į”˜ã„éĻ™ã‚ŠãŽæ¯â€ĸ č…Žč‡“ãŽį—…æ°—ã‚„įŗ–å°ŋį—…ãĢãĒãŖãĻしぞãŖた場合、å°ŋぎ量や回数もåĸ—えãĻいきぞす。 青りんごぎようãĒフãƒŦãƒƒã‚ˇãƒĨãĒéĻ™ã‚Šâ€ĸ įŗ–å°ŋį—…ぎ一čˆŦįš„ãĒ原因ですが、čĒ°ã‹ãŽå°ŋぎãĢおいも、äģ–ぎį†į”ąã§å¤‰æ›´ã™ã‚‹ã“とができぞす。 そぎįĩæžœã€ã¨ãĻも喉が渇いたと感じるようãĢãĒり、水分を多くとるぎでå°ŋぎ量もåĸ—えãĻいきぞす。

27

大éēģはおんãĒ匂いがするīŧŸäŧŧãĻいる匂いやæļˆã—æ–šãƒģ合æŗ•åŒ–したå›Ŋとは

血æļ˛ã¯äŊ“ぎ各įĩ„įš”ãĢ酸į´ ã‚„栄養を䞛įĩĻしãĒがらそこでį”Ÿã˜ã‚‹č€åģƒį‰Šã‚’回収し、いãŖãŸã‚“č…Žč‡“ã¸é‹ã‚“ã§ã‚éŽã—ã€åŋƒč‡“へもおりぞす。 å°ŋãŽč‡­ã„ãŒä¸€æ™‚įš„ãĢ変化した場合、これはäēēが最čŋ‘éŖŸãšãŸã‚‚ぎãĢよãŖãĻåŧ•ãčĩˇã“される可čƒŊ性がありぞす。

åŖぎ中がį”˜ã„感じがする原因はīŧŸį—…気ぎ可čƒŊ性をį´šäģ‹īŧ

最も一čˆŦįš„ãĒ匂いはåˆēæŋ€č‡­ãŽã‚ã‚‹ã‚ĸãƒŗãƒĸニã‚ĸč‡­ã§ã™ãŒã€å°ŋがį”˜ããĻフãƒĢãƒŧテã‚ŖãƒŧãĒč‡­ã„ãŒã‚ã‚‹ã¨å ąå‘Šã™ã‚‹äēēもいぞす。 ãžãŸã€č†€čƒąį‚ŽãĢãĒãŖãĻしぞãŖた場合はå°ŋぎ量が少ãĒいぎãĢすぐãĢトイãƒŦãĢčĄŒããŸããĒりぞすよね。 一čˆŦįš„ãĢã¯ã‚ąãƒˆãƒŗäŊ“ダイエットでåŋ…čĻãĒįŗ–čŗĒåˆļ限ãĢč€ãˆã‚‹ã“ã¨ã¯é›Ŗしいですが、įŗ–čŗĒを摂らãĒくãĒるとäŊ“å†…ã§ã‚ąãƒˆãƒŗäŊ“がį™ēį”Ÿã—、これをエネãƒĢã‚ŽãƒŧとしãĻäŊŋいぞす。

åĨŗ性向けぎį”˜ã„éĻ™æ°´ãƒŠãƒŗキãƒŗグ9選īŧãƒãƒ‹ãƒŠãŽéĻ™ã‚ŠãŽį”ˇã‚Ļã‚ąã™ã‚‹éĻ™æ°´ã¯īŧŸ

įŗ–分を多く摂るäēēもčĻæŗ¨æ„īŧ įŗ–は様々ãĒįšŽč†šå¸¸åœ¨čŒãŽé¤ŒãĢãĒりやすいぎで、įšŽč„‚やそぎãģかぎ分æŗŒį‰Šã‚„æąšã‚Œã‚’įšŽč†šå¸¸åœ¨čŒãŒéŖŸãšã€ä¸åŋĢãĒニã‚ĒイぎもととãĒる排æŗ„į‰Šã‚’大量ãĢį”Ÿį”ŖすることãĢãĒり、様々ãĒニã‚Ēã‚¤ãŒč¤‡åˆã—ãĻčĩˇã“る可čƒŊ性も大きくãĒりぞす。 こうしたįŗ–å°ŋį—…ãƒĒ゚クをéĢ˜ã‚ã‚‹éŖŸãšæ–šã‚’éŋけるためãĢ、įŠēč…šã‚’æ„Ÿã˜ãĻからéŖŸäē‹ã‚’することや、しãŖかりと噛んでéŖŸãšã‚‹įŋ’æ…Ŗをつけることが大切です。 ぞたéŖŸäē‹ãŽåŊąéŸŋãĢついãĻč€ƒãˆãĻおくåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

ã‚ĢãƒĸミãƒŧãƒĢぎéĻ™ã‚Šã¯ãŠã‚“ãĒį‰šåž´īŧŸč‹Ļ手ãĢãĒるäēēぎį†į”ąã¯ã€‡ã€‡ã ãŖた!?

ぞた、įŗ–å°ŋį—…ぎč¨ēæ–­ã¯čĄ€æļ˛æ¤œæŸģだけでå°ŋ検æŸģはありぞせん。 ビãƒŧãƒĢを大量ãĢéŖ˛ã‚“ã æ™‚ãŽč‡­ã„ã‚‚æ™ŽæŽĩãŽč‡­ã„ã¨é•ã†ã¨æ„Ÿã˜ãŸã“ã¨ã¯ãĒいでしょうか。 įŗ–å°ŋį—…ぎäēēが地éĸãĢå°ŋをしãĻ、しばらくするとčŸģがįž¤ãŒãŖãĻã„ãŸã€ã¨ã„ã†čŠąã‚‚ã‹ã¤ãĻはよくč€ŗãĢしぞした。

č…Žč‡“ãŽį—…æ°—ã‚’čĻ‹é€ƒã•ãĒい〜å°ŋぎį•°å¸¸ãĢ旊く気ãĨく〜

こぎようãĒäēēã¯č„‚č‚Ēをį‡ƒæ–™ãĢしたときãĢã§ãã‚‹ã‚ąãƒˆãƒŗäŊ“ぎį‰šåž´įš„ãĒį”˜ãŖたるいニã‚Ēイがしぞすし、į­‹č‚‰ã‹ã‚‰įŗ–原性ã‚ĸãƒŸãƒŽé…¸ãŒæŒãĄå‡ēされãĻ分č§Ŗされると、ã‚ĸãƒŸãƒŽé…¸č‡­ã‚’åĢんだ「éŖĸé¤“č‡­ã€ãŒã—å§‹ã‚ãžã™ã€‚