👑東京 都 江戸川 区 中 葛西 郵便 番号🏆 - 北葛西(東京都江戸川区)の郵便番号と読み方

北葛西(東京都江戸川区)の郵便番号と読み方

江戸川区. 葛西橋通りが整備されたのはが完成した1940年代のようだが 、新しいが現在の場所に架橋されたのは(昭和38年)になってからである。

11

中葛西(東京都江戸川区)の郵便番号と読み方

葛西21系統:東葛西九丁目・なぎさニュータウン経由、コーシャハイム南葛西(朝夕のみ一部便が葛西臨海公園駅へ延長運転)• 〒134-0086 東京都 江戸川区 臨海町• なお、カナ書きした場合は読みも検索します。

10

江戸川区の郵便番号(東京都)

最新のデータを反映していない恐れがあります。 歴史 [ ] 中葛西の町域は1975年頃の地図 によると、周辺の様々な町に属していたようである。

8

東京都江戸川区の地名と郵便番号一覧

平23系統:三角・松江経由、平井駅行き• 〒134-0092 東京都 江戸川区 一之江町• は頃になってもまだ、新田仲町通りと交差する付近の立ち退きが上手く行かなかったようで 、完成したのは200x年代になってからである。

2

東京都江戸川区 郵便番号一覧 (1ページ目)

。 〒132-0025 東京都 江戸川区 松江• 2012年7月16日閲覧。 〒133-0054 東京都 江戸川区 上篠崎• 市区町村 地名(町域名) 郵便番号 江戸川区 〒132-0000 江戸川区 (いちのえ) 〒132-0024 江戸川区 (いちのえちょう) 〒134-0092 江戸川区 (うきたちょう) 〒134-0082 江戸川区 (えどがわ) 〒132-0013 江戸川区 (えどがわ) 〒134-0013 江戸川区 (おおすぎ) 〒132-0022 江戸川区 (おきのみやちょう) 〒133-0042 江戸川区 (かみいっしき) 〒133-0041 江戸川区 (かみしのざき) 〒133-0054 江戸川区 (きたかさい) 〒134-0081 江戸川区 (きたこいわ) 〒133-0051 江戸川区 (きたしのざき) 〒133-0053 江戸川区 (こまつがわ) 〒132-0034 江戸川区 (ししぼね) 〒133-0073 江戸川区 (ししぼねちょう) 〒133-0072 江戸川区 (しのざきまち) 〒133-0061 江戸川区 (しもしのざきまち) 〒133-0064 江戸川区 (せいしんちょう) 〒134-0087 江戸川区 (ちゅうおう) 〒132-0021 江戸川区 (なかかさい) 〒134-0083 江戸川区 (にいほり) 〒132-0001 江戸川区 (にしいちのえ) 〒132-0023 江戸川区 (にしかさい) 〒134-0088 江戸川区 (にしこいわ) 〒133-0057 江戸川区 (にしこまつがわまち) 〒132-0032 江戸川区 (にししのざき) 〒133-0055 江戸川区 (にしみずえ) 〒132-0015 江戸川区 (にしみずえ) 〒134-0015 江戸川区 (にのえちょう) 〒134-0093 江戸川区 (はるえちょう) 〒132-0003 江戸川区 (はるえちょう) 〒134-0003 江戸川区 (ひがしかさい) 〒134-0084 江戸川区 (ひがしこいわ) 〒133-0052 江戸川区 (ひがしこまつがわ) 〒132-0033 江戸川区 (ひがししのざき) 〒133-0063 江戸川区 (ひがししのざきまち) 〒133-0062 江戸川区 (ひがしまつもと) 〒133-0071 江戸川区 (ひがしみずえ) 〒132-0014 江戸川区 (ひらい) 〒132-0035 江戸川区 (ふなぼり) 〒134-0091 江戸川区 (ほんいっしき) 〒133-0044 江戸川区 (まつえ) 〒132-0025 江戸川区 (まつしま) 〒132-0031 江戸川区 (まつもと) 〒133-0043 江戸川区 (みずえ) 〒132-0011 江戸川区 (みなみかさい) 〒134-0085 江戸川区 (みなみこいわ) 〒133-0056 江戸川区 (みなみしのざきまち) 〒133-0065 江戸川区 (やごうち) 〒132-0002 江戸川区 (やごうち) 〒133-0002 江戸川区 (りんかいちょう) 〒134-0086. 2017年12月13日閲覧。

29

郵便番号一覧 東京都江戸川区

長島町と新田仲町通り沿いの仲町の間に広がる畑の中に 、葛西駅が設置されたのは(昭和44年)だった。 秋26系統:旧葛西橋・清澄白河駅経由、秋葉原駅行き• 〒134-0093 東京都 江戸川区 二之江町 検索にかかった時間 0. 時代は舟運から陸運へと緩やかに移りつつあったが、葛西地区ではと浦安の間を往復する小型の乗合蒸気船「通船」などが走り、戦後まで河川交通は活発だったようである。

3