🌊シドニー ルメット👍 - シドニー・ルメット監督×アル・パチーノの豪華コンビで映画化! 映画「セルピコ」10月28日にWOWOWで放送決定

人物情報

場所も人も動きません。 まだ若い、ギラギラしたアツさを感じる主演のアル・パチーノの魅力が全開、「スカー・フェイス」と並ぶ代表作のひとつではないでしょうか。 ラストシーンの唯一2人をつなげる電話音が悲しく切ないです……。

10

シドニー・ルメット監督おすすめの映画ランキングTOP5

そこでルメットは、スクリーンに5分近くバーグマン一人をポワロの肩越しに映し出し、しゃべらせ続けるという前述のシーンを用意した。 監督作品 左から製作年度、映画の邦題、原題の順に記述する。

27

【シドニー・ルメット】プロフィール(年齢・映画・ドラマ)

第3位. 閑話休題。 Aspect Ratio : 1. 『』 - Night Falls on Manhattan• 9,207 in• オールスターキャストの醍醐味は、各々が物語において有機的に存在していてこそ。

質屋

ファミリービジネス 出典: あらすじ ヴィト(ダスティン・ホフマン)は幼少期から父ジェシー(ショーン・コネリー)の盗みの見張りをしたり手伝いをしたりしていた。

30

シドニー・ルメット監督おすすめの映画ランキングTOP5

ルメットはに4度、監督賞に3度、に4度ノミネートされたが、これらはいずれも受賞には至らなかった。

25

シドニー・ルメット監督作『蛇皮の服を着た男』【クライテリオンNEWリリース】

このグループはのちにの母胎となったという。 シドニー・ルメット「評決」 シドニー・ルメット「評決」がおすすめの理由 ポール・ニューマンが「かつてはやり手だったが、今は落ちぶれて酒に溺れる」ダメ弁護士を演じる名作です。 1964年 『』 - Fail-Safe• あ、あれ。

1

旅立ちの時 (映画)

1968年 『The Sea Gull』(邦題不明)• 最後の最後で小難しい話をしてごめんな。 『』 -• 特に『』()は主演女優のがにノミネートされるなど駄作の烙印を押され、ルメット自身も終わった監督だと見なされる。 64年にもなればカラー映画が主流であるにも関わらず、この作品はモノクロ。

8