đŸ‘‘å°į­’ 在 中👌 - čĻ‹įŠæ›¸ãƒģčĢ‹æą‚書ぎ封į­’ぎ書き斚、最äŊŽé™ãŽãƒžãƒŠãƒŧとは。封į­’ãĢã€Œåœ¨ä¸­ã€ã¯č¨˜čŧ‰ã™ãšãīŧŸ

封į­’ぎ中čēĢをトイãƒŦットペãƒŧパãƒŧãŽčŠ¯ã§é€čĻ–する

į‰šãĢ、お金や個äēēæƒ…å ąãĢé–ĸã™ã‚‹æ›¸éĄžã§ã‚ã‚Œã°ã€Œã€‡ã€‡åœ¨ä¸­ã€ã¨č¨˜ã—ãžã—ã‚‡ã†ã€‚ ã€Œæ›¸éĄžåœ¨ä¸­ã€ã ã‘ã§ã¯ã€äŊ•ãŽæ›¸éĄžãŒå…ĨãŖãĻいるぎかわからãĒいぎでæŗ¨æ„ã—ぞしょう。

30

「čĢ‹æą‚書在中」は封į­’ぎおこãĢ書くīŧŸįŸĨらãĒいとæĨずかしいčĢ‹æą‚書ぎåŸēį¤ŽįŸĨ識

そぎãģã‹æ›¸éĄžé€äģ˜æ™‚ぎæŗ¨æ„į‚š 封į­’ã¸ãŽč¨˜å…Ĩがįĩ‚わãŖãŸã‚‰ã€ä¸‹č¨˜ãŽå†…åŽšãĢæŗ¨æ„ã—ãĻ送äģ˜ã—ぞしょう。

20

封į­’ãĢ切手在中と書くずきか

åąĨ歴書ãƒģčˇå‹™įĩŒæ­´æ›¸ãƒģ卒æĨ­č¨ŧ明書といãŖた重čĻãĒæ›¸éĄžã§ã€åŽŗ封とされる文書では「įˇ˜ã€ã¨ã„う封字もäŊŋわれぞす。 ただし、「åąĨæ­´æ›¸åœ¨ä¸­ã€ã¨å°åˆˇã•ã‚ŒãŸå°į­’ã‚’äŊŋう場合は、åąĨ歴書ぎãŋを送äģ˜ã™ã‚‹ã¨ããĢしかäŊŋえぞせん。

2

č¨ē断書在中を封į­’ãĢ書く場所はīŧŸč‰˛ã¯īŧŸå°į­’ぎぞぞå…ĨれるぎīŧŸ

しãŖã‹ã‚Šã¨æ›¸ãæ–šã‚’æŠŠæĄã—ãĻおくことで、間違いぎãĒいようãĢしãĻください。 å­Ļæ ĄæŒ‡åŽšãŽéĄ˜æ›¸į”¨å°į­’ãĢは、å­Ļæ ĄãŽäŊæ‰€ã‚„åŽ›å…ˆãŒå°åˆˇã•ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã‚ąãƒŧ゚がãģとんおです。 ãƒģ角åŊĸ2åˇīŧˆč§’2īŧ‰ ã‚ĩイã‚ēīŧš240mm332mm ã€Œč§’åŊĸ2åˇīŧˆč§’2īŧ‰ã€ã¯A4ã‚ĩイã‚ēãŽæ›¸éĄžã‚’æŠ˜ã‚‰ãšãĢそぎぞぞ封å…Ĩすることができる封į­’です。

9

「在中」ぎ書き斚īŊœå°į­’ãĢ書くときぎポイãƒŗトを垚åē•č§ŖčĒŦīŧ

原際į§ã‚‚、こんãĒã‚ˇãƒŖチハã‚ŋぎ゚ã‚ŋãƒŗプを 15åš´äģĨ上もäŊŋãŖãĻいぞす。 「ぞだ開いãĻいぞせんよ」ということをäŧãˆã‚‹æ„å‘ŗ合いぎあるį´ æ•ĩãĒč¨€č‘‰ã§ã™ã€‚ å‡ē典īŧš 厛名ぎ書き斚 厛先はäŧšį¤žåãŽå ´åˆã‚‚あれば、įĩŒį†éƒ¨åŽ›ãĻぎ場合もありぞすし、さらãĢįĩŒį†éƒ¨ãŽæ‹…åŊ“č€…åŽ›ãĻぎ場合もあるでしょう。

5

封į­’ãĢ切手在中と書くずきか

ãƒģ「čĢ‹æą‚書在中」ぎæˇģえ字 封į­’ãŽä¸­ãŽæ›¸éĄžãŽå†…åŽšãŒåˆ†ã‚Šã‚„ã™ã„ã‚ˆã†ãĢ「čĢ‹æą‚書在中」とæˇģえ字をäģ˜ã‘ぞす。 そこでæ´ģį”¨ã—ãŸã„ãŽãŒã€å°ąæ´ģååˇŽå€¤č¨ē断ツãƒŧãƒĢぎ「」です。

ハã‚ŦキがすãŖãŊりとå…Ĩる封į­’

封į­’ぎ中čēĢがわからãĒいと、一åēĻ開封しãĻ中čēĢをįĸēčĒã—ãĻから担åŊ“者ãĢæ¸Ąã•ã‚Œãžã™ã€‚

1