👍租税 特別 措置 法 施行 規則🌊 - [mixi]登録免許税法施行規則及び租税特別措置法施

所得税法施行規則

) 八 ICカード利用設備(ICカードとの間における情報の交換並びに当該情報の蓄積及び加工を行うもので、これと同時に設置する専用のICカードリーダライタ、入力用キーボード、タブレット、表示装置、プリンター又はプロッターを含む。 )の設定がされている土地を除く。

租税特別措置法施行規則の全文・条文

4 非課税適用申告書を受理した民間国外債の利子の支払をする者は、当該非課税適用申告書に、当該民間国外債の利子の支払をする者の法人番号を付記するものとする。 以下この条において同じ。 1 吸収合併により消滅する会社の当該消滅の直前における資本金の額(当該消滅 する会社が合名会社又は合資会社である場合にあっては,900万円)(改正後施行規則第12条第2項第1号イ) 2 吸収合併により消滅する会社の当該消滅の直前における資産の額から負債の額を 控除した額(当該控除した額が 1 に掲げる額以下である場合にあっては, 1 に掲げる額)(改正後施行規則第12条第2項第1号ロ 1 ) 3 吸収合併後存続する株式会社又は合同会社が当該吸収合併に際して当該吸収合併 により消滅する会社の株主又は社員に対して交付する財産(当該吸収合併後存続する株式会社の株式(当該株式会社が有していた自己の株式を除く。

3

所得税法施行規則

)及び第九十七条第二項の規定とする。

2

財務省「租税特別措置法施行規則等の一部を改正する省令」等を公布・告示

一 外国人登録証明書、外国人登録原票の写し(特定振替機関等の営業所等の長又は適格外国仲介業者の特定国外営業所等の長に提示する日前六月以内に作成されたものに限る。 当該書面が、当該年金支払開始日までに提出されなかつたときは、当該年金支払開始日の翌日に当該税務署長に施行令第二条の三十一 において準用する施行令第二条の二十三第一項 の規定による申告書の提出があつたものとみなす。 ただし,証明書はまとめて1通として差し支えありません。

17

酒税法施行規則

)の営業所等(同号に規定する営業所等をいう。 一 法第十一条の四第一項の規定の適用を受けようとする機械及び装置が同項各号に掲げる計画に記載されていることが明らかとなる書類 二 産業活力再生特別措置法(平成十一年法律第百三十一号)第三十七条第一項に規定する主務大臣の法第十一条の四第一項各号に掲げる計画の区分に応じ当該各号に定める認定をした旨を証する書類の写し (特定電気通信設備等の範囲) 第五条の十五 施行令第五条の十四第一項に規定する財務省令で定めるものは、次に掲げる設備で、国内にある当該個人の事業の用に供されるものとする。 )とする。

租税特別措置法施行規則第14条(収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例)と関連法令、判例

01 施行• 一 提出者の氏名及び住所並びにその者の賃金の支払者及び勤務先等の名称及び所在地(提出者が施行令第二条の二十一第一項 に規定する海外転勤者の財産形成非課税住宅貯蓄継続適用申告書を提出している者である場合には、その者が当該申告書を提出している者である旨、その同項 に規定する出国の年月日、その者の氏名及び住所並びに当該申告書に記載した氏名及び住所並びに勤務先等及び賃金の支払者の名称及び所在地) 二 施行令第二条の二十第二項 に規定する業務につき生じた同項 各号に掲げる事由の別及び当該事由が生じた年月日 三 前号の業務につき同号の事由が生じた施行令第二条の二十第二項 に規定する財形住宅貯蓄取扱機関の金融機関の営業所等の名称及び所在地並びに同項 に規定する一般の金融機関の営業所等の名称及び所在地 四 施行令第二条の二十第二項 に規定する一般の金融機関の営業所等に係る同項 に規定する財形住宅貯蓄取扱機関と同項 に規定する新契約を締結した年月日及び同日における財産形成住宅貯蓄の現在高並びに当該新契約に基づく預入等に係る金銭の払込みをした額 五 施行令第二条の二十第二項 に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申告書に記載された財産形成住宅貯蓄の種別並びに同項 に規定する新契約に基づく財産形成住宅貯蓄の種別 六 施行令第二条の二十第二項 に規定する財産形成非課税住宅貯蓄申告書に記載された法第四条の二第四項第三号 に掲げる最高限度額(当該申告書につき同条第五項 の規定による申告書を提出している場合には、当該申告書に記載された変更後の最高限度額) 七 その他参考となるべき事項 8 施行令第二条の二十一第一項 に規定する財務省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。 )を家屋又は敷地の取得がある場合の当該敷地と併せて同一の者から取得等をしている場合で、当該構築物等の取得等の対価の額がきん少と認められるときは、41-24及び41-25にかかわらず、当該構築物等の取得等の対価の額を家屋の取得対価の額、家屋等の取得対価の額又は敷地の取得対価の額に含めて差し支えない。

30