đŸ‘‘čĄ€åœ§ が éĢ˜ã„ 時 ぎ éŖŸäē‹âœ” - čĄ€åœ§ã‚’ä¸‹ã’ã‚‹æ–°éŖŸäē‹æŗ•ã§æ”šå–„できるīŧéĢ˜čĄ€åœ§ãĢč‰¯ã„éŖŸãšį‰Šã¨åŠšæžœ

éĢ˜čĄ€åœ§ãŽäēēがéŖŸäē‹ã§éŖŸãšãĻã¯ãƒ€ãƒĄīŧåąé™ēãĒéŖŸãšį‰Š

ãĒぎで、おこãĢいãĻもįĻčžģåŧãŽã‚šãƒˆãƒŦッチを原čˇĩが可čƒŊīŧ これであればįļšã‘ることができるはずです。 そぎため、į›ŽãŒčĻšã‚ãŸã‚‰æ€ĨãĢčĩˇãä¸ŠãŒã‚‰ãšãĢã€æˇąå‘ŧ吸をしぞしょう。 これをįļšã‘ã‚‹ãĢは栚æœŦįš„ãĢéŖŸįŋ’æ…Ŗを攚善させるåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

4

čĄ€åœ§ãŒéĢ˜ã„äēēぎéŖŸäē‹

åĄŠåˆ†ãŽéĢ˜ã„éŖŸãšį‰ŠãŽįœŸåŽŸ ぞず、先ãģãŠãŽå•éĄŒã§ã‚ã‚‹ 「éĢ˜čĄ€åœ§ãĢč‰¯ããĒいéŖŸãšį‰Šã¯åĄŠåˆ†ãŽéĢ˜ã„éŖŸãšį‰Šã§ã‚る。

28

čĄ€åœ§ãŒéĢ˜ã„äēēぎéŖŸäē‹

ãƒģãƒģãĒおãĢé–ĸäŋ‚しãĻいるぎはとであることがį ”įŠļでわかãŖãĻいるそうです。 įžåœ¨ã€æ—ĨæœŦäēēぎ一æ—ĨãŽåĄŠåˆ†æ‘‚å–é‡ã¨ã—ãĻ推åĨ¨ã•ã‚ŒãĻいるぎは、10īŊ‡æœĒæē€ã§ã™ã€‚ ããŽãŸã‚ã€čĄ€åœ§ã‚’æ¸Ŧるときは、順į•Ēåž…ãĄãŒãĒいときãĢ æ¸ŦるようãĢしたいです。

ã€ŒčĄ€åœ§ã¯éŖŸåžŒãĢ上昇する」ぎはæœŦåŊ“かīŧŸåŒģå¸Ģがč‡Ē分ぎäŊ“でčĒŋæŸģ

äŊ“内ãĢ水分がåĸ—えればåŊ“į„ļ、äŊ“はむくんできぞす。 įĄįœ å‘ŧ吸障åŽŗがあると、éĢ˜čĄ€åœ§ã ã‘でãĒく、åŋƒč‡“ãĢã‚‚č˛ æ‹…ã‚’ã‹ã‘ãĻしぞうため、åŋƒį–žæ‚ŖぎãƒĒ゚クも上昇するとされãĻいぞす。 ãã“ã§ã€čĄ€åœ§ã‚’ä¸‹ã’ã‚‹ãŸã‚ãĢ大切ãĒã“ã¨ã¯čĄ€æļ˛ãŽæĩã‚Œã‚’č‰¯ãã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã™ã€‚

19

čĄ€åœ§ã‚’ä¸‹ã’ã‚‹éŖŸãšį‰Šãƒģ上げるéŖŸãšį‰Šã¨ã¯īŧŸãŠã™ã™ã‚ãƒŦã‚ˇãƒ”ã‚‚į´šäģ‹

降圧剤をéŖ˛ã‚€ã¨æ­ģを招く恐れがありぞす。 č‚Ĩæē€č§ŖæļˆãŽãŸã‚ãĢもéŖŸį”Ÿæ´ģぎčĻ‹į›´ã—や運動は重čĻãĢãĒã‚Šãžã™ãŽã§ã€ãœã˛å‚č€ƒãĢしãĻãŋãĻください。 éĢ˜čĄ€åœ§ã‚’äēˆé˜˛ã™ã‚‹ã“とで、č„ŗ卒中やåŋƒį­‹æĸ—åĄžãĒおぎį—…気ぎäēˆé˜˛ã‚’しぞしょう。

16

čĄ€åœ§ã‚’ä¸‹ã’ã‚‹æœ€åŧˇãŽæ–šæŗ•ã¨ãŠã™ã™ã‚ãŽéŖŸãšį‰Šã¨ã¯īŧŸ30åš´äģĨä¸ŠčĄ€åœ§ã‚’æ¸Ŧりįļšã‘たåŒģå¸Ģがį›´äŧīŧ

īŧ•īŊ‡ãžã§ã¨ãĒãŖãĻいぞす。 åŋœæ€Ĩ寞į­–としãĻは、「äŊ“ぎīŧˆį­‹īŧ‰ãŽã“わばりをč§Ŗく」ためãĢ、éĻ–č‚Šå‘¨ã‚Š ã‚’č…•ã¨ã¨ã‚‚ãĢ柔らかく回čģĸé‹å‹•ã‚’ã—ã€čĄ€æĩã‚’č‰¯ãã—ãžã™ã€‚ こぎホãƒĢãƒĸãƒŗãŒčĄ€įŽĄã‚’į¸Žãžã›ãĻčĄ€åœ§ã‚’ä¸Šæ˜‡ã•ã›ãĻいぞす。

24

æ€ĨãĢčĄ€åœ§ãŒéĢ˜ããĒãŖた時ぎ寞å‡Ļæŗ•

å‹•č„ˆįĄŦåŒ–ã¨ã¯ã€čĄ€åœ§ãŒéĢ˜ã„įŠļæ…‹ãŒé•ˇãįļšãã“ã¨ã§ã€čĄ€įŽĄãĢ圧力がかかりįļšã‘、そぎためãĢã€čĄ€įŽĄãĢはåŧžåŠ›ãŒãĒくãĒãŖãĻしぞãŖたįŠļ態です。