🎀コンサル 1 年 目 が 学ぶ こと🌏 - 【書籍レビュー】コンサルタントが入社1年目に学ぶエクセルの教科書

コンサル一年目が学ぶこと [ 大石 哲之 ]

相手のフォーマットに合わせる• その後、株式会社ジョブウェブを企業。 バリューとは、「付加価値」のことですが、この付加価値が生まれる時とは、どんな時でしょう? 答えは、「相手がそこに価値を感じてくれた時」です。

20

コンサル一年目が学ぶこと

エクセル、パワーポイントは作成スピードが勝負 コンサルタントの会社では、1日40~50枚のエクセルやパワーポイントの資料を作ることもあるらしいです。 社会人になる前に読んでおきたい本だと思います。 相手の言葉、考え方、伝え方のクセを研究し、それに合わせて伝える。

11

『コンサル一年目が学ぶこと』をレビュー!|本の要約を10分で!

アクションプランは3つ。

19

オーディオブック版「コンサル一年目が学ぶこと」を聴いた感想!【全ビジネスパーソンに通ずる内容】 | オーディオブックマニア

しかし、この本の冒頭には「 職業・業界を問わず、 社会人一年目で学んだときの基礎的なレベルから15年後にも役立つ普遍的なスキルを理解できるようになる」 と書かれてありました。

【書評】『コンサル一年目が学ぶこと』の要約と感想

Ethereumを日本で初めて一般むけに紹介し「イーサリアム」と翻訳した。 なお、いくら遅くまで残っていても褒められることなどありません。

24

1. コンサル1年目が学ぶこと — Books 0.0.1 documentation

第1章の先頭に書かれているということはそれだけ重要なことなんですね。

6