đŸŽŒæ¯’ čĻĒ ぎ į‰šåž´đŸŒ - 䞝存する毒čĻĒぎį‰šåž´ã‚’įŸĨãŖãĻ距é›ĸをとろう。

【äē‹äž‹ã¤ãã€‘č‡Ē分ぎčĻĒが毒čĻĒかč¨ē断できるたãŖた4つぎåŸēæē–

それはやはり、2äēēぎ毒čĻĒ゚トãƒŦ゚からč§Ŗ攞されたからãĢäģ–ãĒりぞせん。

毒čĻĒと毒čĻĒč‚˛ãĄãŽå­ãŠã‚‚ãŽį‰šåž´ã‚’教えぞす

もしį§ãŒæœŦåŊ“ぎことīŧˆäž‹ãˆã°ã€é›ĸ劚する、充原した、同性愛である、フã‚Ŗã‚ĸãƒŗã‚ģが外å›Ŋäēēである、į­‰ã€…īŧ‰ã‚’æ‰“ãĄæ˜Žã‘ãŸã‚‰ã€čĻĒã¯ã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ã§īŧˆãžãŸã¯æ€’りぎあぞりīŧ‰å€’ã‚ŒãĻしぞうだろう。

3

【äē‹äž‹ã¤ãã€‘母は毒čĻĒīŧŸãƒĸヤãƒĸヤする母ぎæ­ŖäŊ“が分かる、毒母ぎ4つぎį‰šåž´

æŦĄãĢ同書から、そぎį‰šåž´ã‚’į°Ąå˜ãĢごį´šäģ‹ã—ぞす。 įˆļ、母、äŧ¯æ¯ã€įĨ–母とį™ģ場する多くぎäēēãŸãĄãŒãŠã“ã‹ã—ã‚‰æ¯’ã‚’æŒãŖãĻいぞす。 そういうį†į”ąã‹ã‚‰ã€č§Ŗæąēį­–としãĻは『į‰Šį†įš„ãĢ距é›ĸをとること』をã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã—ãžã™ã€‚

į™ē達障åŽŗぎ毒čĻĒīŧã€ŒDã‚ŋイプぎčĻĒ」をご存įŸĨですかīŧŸ ãģãĢゃらら

子䞛時äģŖを思いå‡ēしãĻはįˆļを恨んでいた間、į§ãŽåŋƒã¯é…ˇãč’れ、į˛žįĨžįš„ãĢ不厉厚であり毎æ—Ĩčž›ããĻį”Ÿãåœ°į„ぎようでした。

18

毒čĻĒč‚˛ãĄãŽæ€§æ ŧとはīŧŸæ¯’々しいīŧ’つぎį‰šåž´

å­Ļæ Ąã‚„åœ’ã§ãŽå­äž›ãŽįĢ‹å ´ã‚‚不厉厚ãĢãĒることもありぞすし、子䞛がč‡Ē分でč§Ŗæąēする抟äŧšã‚’åĨĒãŖãĻいることãĢもãĒりぞす。 そしãĻčž›ããĒãŖた場合は、čĒ°ã‹ãĢčŠąã‚’čžã„ãĻもらãŖたり、ã‚Ģãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグを受けたりしãĻæ°—æŒãĄã‚’čĒŋえるようãĢしぞしょう。 たとえば、母がåŒģ者ãĢãĒりたかãŖたけおãĒれãĒかãŖたというį†į”ąã§ã€å¨˜ã‚’åŒģ者ãĢしようとäģ•å‘けぞす。

24

【毒čĻĒぎīŧ‘īŧ’ぎį‰šåž´ã€‘įžŽåĨˆå­ã•ã‚“は「毒čĻĒč‚˛ãĄã€ãŽå…¸åž‹

もしも毒čĻĒč‚˛ãĄã˜ã‚ƒãĒかãŖたらãƒģãƒģãƒģ もしも友達ぎåŽļãĢį”Ÿãžã‚ŒãĻいたらãƒģãƒģãƒģ 一åēĻã¯č€ƒãˆã‚‹ã¨æ€ã„ãžã™ãŒã€æƒŗ像できるはずもãĒいですね。

22