😀積水 化学 陸上🥇 - 佐藤早也伽

佐藤 早也伽|企業情報|積水化学

20~9. 67 矢田みくに デンソー 20. 32 二川彩香 2 順天堂大 20. 15 4. 49 宮内志佳 1 日体大 20. 3000m 9分05秒75• 04 15. ラグビー [8月13日 14:47]• 18 9. ラストのスプリント勝負になったら卜部優位と言われていたからだが、田中には余力があった。

会社概要 |企業情報|積水化学

37 中島紗弥 3 鹿屋体大 20. 50 奥村紗帆 4 東海大 20. 51 前田穂南 天満屋 20. 70 青木彩帆 2 関学大 20. 32 ID:IWuyKv6D. 34 原賀藍実 1 中央大 20. 個人競技 2019年 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 2月 2019 BU David Hemery Valentine Invitational 【3000m】 松﨑 璃子 3位 9分00秒86(室内日本新記録) 2月 全日本実業団ハーフマラソン大会 【ハーフ】 佐藤 早也伽 優勝 1時間09分27秒 2017年 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【3000m障害】 森 智香子 優勝 9分49秒41 9月 全日本実業団対抗陸上競技選手権 【10000m】 松﨑 璃子 優勝 32分09秒49 【ジュニア3000m】 中舍 朱音 3位 9分18秒56 2016年 世界大会(日本代表) 8月 五輪(ブラジル・リオデジャネイロ) 【5000m】 尾西 美咲 予選9着 15分29秒17 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【5000m】 尾西 美咲 優勝 15分19秒37 【3000m障害】 森 智香子 2位 9分45秒27 2015年 世界大会(日本代表) 8月 世界陸上選手権(中国・北京) 【5000m】 尾西 美咲 14位 15分37秒60 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【5000m】 尾西 美咲 優勝 15分18秒77 【3000m障害】 森 智香子 2位 10分04秒12 9月 全日本実業団対抗陸上 【5000m】 松﨑 璃子 3位 15分33秒96 10月 国体 【5000m】 尾西 美咲 2位 15分34秒21 2014年 世界大会(日本代表) 10月 アジア大会(韓国・仁川) 【5000m】 松﨑 璃子 5位 15分18秒95 尾西 美咲 7位 15分37秒60 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【5000m】 尾西 美咲 優勝 15分32秒74 2013年 世界大会(日本代表) 8月 世界陸上選手権(ロシア・モスクワ) 【5000m】 尾西 美咲 予選9着 16分16秒52 10月東アジア大会(中国・天津) 【5000m】 松﨑 璃子 優勝 16分09秒728 【10000m】 清水 裕子 優勝 32分50秒42 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 3月 全日本実業団ハーフマラソン・10K 【10K】 松﨑 璃子 優勝 32分48秒 尾西 美咲 3位 32分58秒 6月 日本陸上競技選手権 【10000m】 清水 裕子 2位 32分16秒58 【5000m】 尾西 美咲 優勝 15分21秒73 松﨑 璃子 2位 15分26秒05 10月 国体(東京) 【5000m】 尾西 美咲 優勝 15分43秒03 2012年 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【5000m】 尾西 美咲 3位 15分32秒89 10月 全日本実業団対抗陸上権 【ジュニア 3000m】 松﨑 璃子 3位 9分8秒66 【5000m】 尾西 美咲 2位 15分32秒88 10月 国体(岐阜) 【5000m】 清水 裕子 3位 15分37秒78 2011年 世界大会(日本代表) 3月 世界クロスカントリー(スペイン) 清水 裕子 48位 小俣 后令 53位 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 10月 全日本実業団対抗陸上 【ジュニア 3000m】 松﨑 璃子 3位 9分17秒13 2010年 世界大会(日本代表) 3月 世界クロスカントリー(ポーランド) 清水 裕子 49位 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 9月 全日本実業団対抗陸上 【5000m】 清水 裕子 3位 15分30秒29 2009年 世界大会(日本代表) 3月 世界クロスカントリー(ヨルダン) 清水 裕子 18位 2008年 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 9月 全日本実業団対抗陸上 【5000m】 清水 裕子 2位 15分43秒98 【3000m障害】 人見 麻友 2位 10分35秒88 2002年 マラソン競技会 (国内外主要大会の 3位まで) 4月 ロッテルダムマラソン 赤木 純子 3位 2時間29分10秒 8月 北海道マラソン 堀江 知佳 優勝 2時間26分11秒 (大会新記録) 9月 ベルリンマラソン 高橋 尚子 優勝 2時間21分49秒 2001年 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【5000m】 上野 理恵 3位 15分33秒76 マラソン競技会 (国内外主要大会の 3位まで) 4月 長野マラソン 大西 昭代 優勝 2時間31分20秒 5月 ロッテルダムマラソン 小出 正子 2位 2時間28分28秒 8月 北海道マラソン 赤木 純子 3位 2時間36分23秒 小出 正子 2位 2時間28分28秒 9月 ベルリンマラソン 高橋 尚子 優勝 2時間19分46秒 (世界最高記録=当時) 2000年 世界大会(日本代表) 9月 五輪(オーストラリア・シドニー) 【マラソン】 高橋 尚子 優勝 2時間23分14秒 (五輪新記録=当時) マラソン競技会 (国内外主要大会の 3位まで) 3月 名古屋国際女子マラソン 高橋 尚子 優勝 2時間22分19秒 (大会新記録) 1999年 世界大会(日本代表) 7月 ユニバーシアード(スペイン) 【5000m】 上野 理恵 優勝 15分51秒24 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 6月 日本陸上競技選手権 【1500m】 上野 理恵 優勝 4分21秒09 【5000m】 上野 理恵 2位 15分32秒30 10月 国体(熊本) 【5000m】 上野 理恵 優勝 15分28秒73 1998年 世界大会(日本代表) 12月 アジア大会(タイ・バンコク) 【マラソン】 高橋 尚子 優勝 2時間21分47秒 (日本最高記録=当時) マラソン競技会 (国内外主要大会の 3位まで) 3月 名古屋国際女子マラソン 高橋 尚子 優勝 2時間25分48秒 (日本最高記録=当時) 10月 東京国際女子マラソン 宮崎 安澄 3位 2時間30分06秒 1997年 世界大会(日本代表) 8月 世界陸上選手権(アテネ) 【マラソン】 鈴木 博美 優勝 2時間29分48秒 【5000m】 高橋 尚子 13位 15分32秒83 トラック・ロード 競技会 (全日本大会の3位まで) 10月 日本陸上競技選手権 【10000m】 鈴木 博美 3位 31分28秒66 駅伝 2019年 プリンセス駅伝(予選会) 順位1位 記録2時間19分36秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位9位 記録2時間17分37秒 2018年 プリンセス駅伝(予選会) 順位4位 記録2時間21分06秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間19分18秒 2017年 プリンセス駅伝(予選会) 順位4位 記録2時間22分37秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間20分53秒 2016年 プリンセス駅伝(予選会) 順位- 記録- 全日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間17分36秒 2015年 プリンセス駅伝(予選会) 順位2位 記録2時間18分10秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位5位 記録2時間15分58秒 2014年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位9位 記録2時間25分27秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位18位 記録2時間21分50秒 2013年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位3位 記録2時間18分35秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位5位 記録2時間19分34秒 2012年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位7位 記録2時間23分35秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間20分30秒 2011年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位2位 記録2時間17分24秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位3位 記録2時間18分25秒 2010年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位8位 記録2時間22分30秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間17分17秒 2009年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位12位 記録2時間24分58秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位11位 記録2時間18分49秒 2008年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位13位 記録2時間22分13秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位- 記録- 2007年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位9位 記録2時間20分03秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位18位 記録2時間21分07秒 2006年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位13位 記録2時間22分25秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位- 記録- 2005年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位4位 記録2時間16分12秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位12位 記録2時間17分04秒 2004年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間20分12秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位13位 記録2時間18分02秒 2003年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位10位 記録2時間21分50秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位15位 記録2時間19分15秒 2002年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位5位 記録2時間18分29秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位11位 記録2時間17分03秒 2001年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位4位 記録2時間18分08秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位17位 記録2時間19分49秒 2000年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位7位 記録2時間20分15秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位7位 記録2時間17分58秒 1999年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位2位 記録2時間17分42秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位4位 記録2時間16分40秒 1998年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位優勝 記録2時間15分25秒(大会新記録=当時) 全日本実業団対抗女子駅伝 順位3位 記録2時間16分19秒 1997年 東日本実業団対抗女子駅伝 順位3位 記録2時間18分31秒 全日本実業団対抗女子駅伝 順位6位 記録2時間17分56秒. 24 4. フィギュア [8月26日 17:16]• フィギュア [8月29日 12:37]• 23 4. 16 宮城亜支亜 ヤマダ電 20. 18 9. 92 宮崎安澄 筑紫女学園 福岡 4. 今季も、コロナ禍による競技会自粛期間を挟んだにもかかわらず、その躍進ぶりは加速。 後続を引き離し、そのままゴール。

16

積水化学は佐藤早也伽の快走に期待/クイーンズ駅伝

50 奥村紗帆 4 東海大 20. 23 4. net 佐藤さんの、ほんわか癒しモードから戦闘モードに切り替わる瞬間が好きです。 15 4. 1200mを3分17秒で通過してからは後続との差をさらに大きく広げてフィニッシュラインへ。

19

2020年|新着情報|積水化学

17 4. 79 保坂晴子 1 日体大 20. 18 4. 27 ID:RnfIj1L4. 49 宮内志佳 1 日体大 20. 11 4. 17 4. 松崎の「体力と筋力」が戻れば、2区で多少順位を下げたとしても、3区の佐藤に好位置でタスキをつなぐことができる。 2018. ラスト1周は63秒でカバーする圧巻の走りでした。

5

佐藤 早也伽|企業情報|積水化学

net 2区3. 積水化学はスピードランナーの育成を得意とするチームで、その代表的な選手が松崎だ。 8 名古屋ウィメンズマラソン2020 5位 初マラソン女子日本歴代6位• 18 4. net 2020 大学、社会人女子 5000m SB 15. 15 4. 14 ID:lhyDWzdu. その役目は松崎が担うことになるだろう。

14

清水裕子

先頭を譲ることのない果敢な展開で勝利したこの走りは、当時、各国の陸上関係者に強いインパクトを与えました。 積水化学女子陸上競技部のホームページにも詳細がございますので、ぜひそちらもご覧下さい。

26

同学年トリオパワーで積水化学が上位進出へ

そのほかは著者による非公式計時)で入ると、800mを2分11秒、1000mを2分45秒で通過していきます。

25