🌏日本 国 憲法 第 26 条🔒 - 日本国憲法の第26条の第一項に、「能力に応じて」とありますが、日本では年齢...

第28条 勤労者の団結権 / 日本国憲法 逐条解説

1 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。 第九条【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】• 第五十五条 両議院は、各ゝその議員の資格に関する争訟を裁判する。

6

日本国憲法の第26条の第一項に、「能力に応じて」とありますが、日本では年齢...

〔国民たる要件〕 第10条日本国民たる要件は、法律でこれを定める。 2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。 〔両議院の組織〕 第43条両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。

3

第4条 (義務教育):文部科学省

1 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。 3 前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。 〔予算の作成〕 第86条内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

16

第26条 教育を受ける権利、教育をうけさせる義務、義務教育の無償

第三五条【住居の不可侵】• 又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。 [解釈] 第100条は、日本国憲法が公布された日から六ヶ月後以降に、この憲法が施行されるという施行期日について述べた条文である。 3 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。

19

日本国憲法

栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

23

日本国憲法

教育を受ける権利の中心は、子供の学習権の保障である。 選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。 第三〇条【納税の義務】 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

27

日本国憲法とは

義務教育は、これを無償とする。 但し、これがため、訴追の権利は、害されない。 四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。

20

日本国憲法:関係法規等:参議院

〔皇位の世襲〕 第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

28