🎌葡萄 俳句📀 - 葡萄 の俳句 : 575筆まか勢

『増殖する俳句歳時記』検索: %95%92%93%B8

栽培品種の育種は、両全花を持つ次のスカッパーノンの発見により飛躍的に向上した。 シャンピニー種 V. 脱粒なく輸送性がよい。 徳島県 - (旧、旧)など• 実に叙事的です。

22

公益社団法人 俳人協会・俳句文学館:俳句検索

バイブルに出てくるこの絵の葡萄はネヘレスコールだと思われる。

17

銀座俳句道場

この句のモダンさはそんな葡萄の甘美な印象と軽いスケッチ風描写がよく調和しているところにあるのかもしれない。 醸造用ブドウ生産量も多く、桔梗ヶ原は一大産地。 これは属目-目をつけてよく見ることの効用であると思う。

11

葡萄

雫かと鳥はあやぶむ葡萄かな 黒きまで紫深き葡萄かな 葡萄の種吐き出して事を決しけり 降り出せし雨に人無し葡萄園 葡萄口に含んで思ふ事遠し 葡萄噛んで秋風の歌を作らばや くぐり摘む葡萄の雨をふりかぶり 葉洩日に碧玉透けし葡萄かな 葡萄暗し顔よせ粧る夕鏡 朱唇ぬれて葡萄うまきかいとし子よ 南方に曲江の景や葡萄園 葉かげして暗き色よき葡萄かな 雨に剪つて一と葉つけたる葡萄かな 更くる灯や葡萄の疵の生める露 山葡萄這ひのりもぎぬ蔓ながら 紅葉せし葉につゝみけり山葡萄 葡萄はこぶ大きな桶のみな古び 寂しさに葡萄を握る月夜かな 月さしてむらさき煙る葡萄かな 葡萄棚洩るる日影の微塵かな 亀甲の粒ぎつしりと黒葡萄 水満てし白き器に葡萄かな.。

8

『増殖する俳句歳時記』検索: %95%92%93%B8

春星へ回転木馬輪をほどく• 果皮色は紫、緑、銅色の3種類に分けられ、生食以外に加工(ジュース、、等)に用いられる。 司会はエッセイストの「岸本葉子(きしもと・ようこ)」さんです。 ヨーロッパブドウは1種しか存在しないが、伝播の方向によって系、系、系の大きく3つの品種に分けられるようになった。

兼題「葡萄」を詠んだある俳句に、町田康さんも堀本裕樹さんも叙情的だと絶賛していました

2013年1月14日閲覧。

6