đŸŒå¯ 過ぎ ãĻ 腰į—› ã„đŸŽ€ - 朝čĩˇããŸã¨ããŽč…°į—›ãŽį†į”ąã¯īŧŸå¯ã™ãŽãĻしぞう原因と寞į­–īŧ”つ

寝過ぎãĻだるいぎはč‡Ēåž‹įĨžįĩŒãŒåŽŸå› īŧå¯éŽãŽãŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットとはīŧŸ īŊœ åĨŗ性ぎįžŽå­Ļ

č‡Ēåž‹įĨžįĩŒå¤ąčĒŋį—‡īŊĨį›ŽãŽį–˛ã‚ŒīŊĨéĻ–がį—›ã„īŊĨč‚ŠãŒį—›ã„īŊĨ吐き気īŊĨめぞいīŊĨこめかãŋぎį—›ãŋ、éĻ–ã‚ŋã‚ĒãƒĢ整äŊ“゚トãƒŦッチč§Ŗæļˆ! ãƒģ 運動不čļŗ 一į•Ēã‚„ã‚ŠãŒãĄãĒぎがたãļんこれだ。 たãŖãˇã‚Šįœ ãŖãĻäŊ“ã‚’äŧ‘めãĻも、朝čĩˇããŸã¨ããĢč…°ãŒį—›ã„という場合は、もう一åēĻč‡Ē分ぎį”Ÿæ´ģãĢ原因がãĒいか、čĻ‹į›´ã—ãĻãŋãĻください。 įĄįœ ã‹ã‚‰čĻšé†’ãĢč‡ŗる切æ›ŋãĢあたるぎがå¤Ēé™Ŋぎ光です。

27

å¯éŽãŽč…°į—›ãŽæ˛ģし斚【æ–ŊčĄ“æ­´20嚴ぎéŧį¸å¸Ģが゚トãƒŦッチīŧ†ãƒ„ボをäŧæŽˆã€‘

įœ ã‚ŠãŽčŗĒを変えãĻ、しãŖかりäŧ‘息を垗る。 æĩ…いįœ ã‚Šã°ã‹ã‚ŠãĒãŽãŒč‰¯ããĒいぎはį†č§ŖできそうãĒæ„Ÿã˜ã§ã™ãŒã€æˇąã„įœ ã‚ŠãŽãƒŽãƒŗãƒŦムįĄįœ ã°ã‹ã‚Šã§ã‚‚æąēしãĻįœ ã‚ŠãŽčŗĒとしãĻã¯č‰¯ããĒいそうãĒぎです。

23

å¯éŽãŽã§č…°ãŒį—›ã„īŧãŠã†ã™ã‚Œã°æ˛ģるīŧŸ

ã‚ŋã‚ĒãƒĢ整äŊ“ åŋœį”¨įˇ¨ ã‚ŗãƒĒやį—›ãŋãŒã˛ãŠãã€éĻ–回し整äŊ“ã‚„éĻ–倒し整äŊ“がé›Ŗしい場合は、これらぎåŋœį”¨ãƒãƒŧジョãƒŗをčŠĻしãĻãŋぞしょう。 č‡Ē分では気äģ˜ã„ãĻいãĒくãĻもįĄįœ ãŒčļŗりãĻいãĒいため、äŧ‘ãŋぎæ—Ĩや時間がある時ãĢ寝過ぎãĻしぞうといこともあるぎです。 éĻ–こりはパã‚Ŋã‚ŗãƒŗ時äģŖぎįžäģŖį—…でもありぞす。

7

寝過ぎãĢã‚ˆã‚‹č…°į—›ã¯ãĄã‚ƒã‚“とäŧ‘息できãĻいãĒいã‚ĩイãƒŗīŧŸ

朝į›ŽčĻšã‚ãŸæ™‚ãĢ寒気を感じたり、手čļŗãŽå…ˆãŒå†ˇãŸããĒãŖãĻいるぎはそぎためです。 そぎįĩæžœã€į‰šãĢ血æĩãŽé›†ä¸­ã™ã‚‹é–ĸį¯€ã‚„č…°ã€ãã—ãĻé ­ãĒおãĢč˛ æ‹…ãŒã‹ã‹ãŖãĻį—›ããĒãŖãĻしぞうぎだ。 äēēãĢよãŖãĻは手čļŗが鉛ãĢãĒãŖãĻしぞãŖたようãĒã€ã˛ãŠã„į–˛åŠ´ã‚’感じることもありぞす。

29

土æ—ĨãĒãŠå¯éŽãŽãŸã‚‰č…°ãŒį—›ããĒるぎはãĒぜīŧŸå¯ã™ãŽãĢã‚ˆã‚‹č…°į—›ãŽåŽŸå› ã¨å¯žå‡Ļæŗ•4つ。

いやぁ、渊かいぎもいいんですけお、 é‡ã•ã¨ã€å°čą†ãŽã¤ãļつãļした感č§Ļが、ãĒã‚“ã¨ã‚‚æ°—æŒãĄã‚¤ã‚¤â€Ļ å°čą†ã‚Ģイロは、æšŋį†ąã¨ã„ãŖãĻæŊ¤ãŖたį†ąãŒæˇąéƒ¨ãžã§åąŠããŽã§ã€å¯éŽãŽč…°į—›ãĢはもãŖãĻこい。

寝過ぎãĢã‚ˆã‚‹č…°į—›ãŽåŽŸå› ã¨ã¯īŧŸīŊœæ”šå–„æŗ•ã‚„äēˆé˜˛æŗ•ã€į†æƒŗįš„ãĒ寝å§ŋå‹ĸをč§ŖčĒŦīŧ

č˛ŧりつけるã‚ĢイロãĒおでもいいぎですが、 ãŠã™ã™ã‚ã¯ã€å°čą†ã‚Ģイロ】。