📀ãƒĒ゚ト ã‚Ģット と ã¯đŸŒ - 「æ­ģãĢたくãĒいから切ãŖãĻる」â€ĻãƒĒ゚トã‚Ģットをįš°ã‚Ščŋ”すīŧ’īŧ”æ­ŗåĨŗ性 ã€Œã‹ãžã„éŽãŽã‚‹æ¯ã€ã‹ã‚‰ãŽč„ąå‡ē : yomiDr./ヨミドクã‚ŋãƒŧīŧˆčĒ­åŖ˛æ–°čžīŧ‰

ãƒĒ゚トã‚Ģットをやめたいと思ãŖたらãƒģãƒģãƒģたãŖたīŧ”つぎポイãƒŗト

į‰šãĢ思æ˜Ĩ期あたりから、äšŗåšŧ児期ãĢčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹æ¯čĻĒとぎ一äŊ“æ„Ÿã‚’æą‚ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢč‡Ē分äģĨ外ぎ存在とぎ一äŊ“æ„Ÿã‚’æą‚ã‚ã€ãã†ã„ãŖãŸæ„›æƒ…å¯žčąĄãŒå¤ąã‚ã‚ŒãŸã¨æ€ãŖたとき、 ãƒĒ゚トã‚Ģãƒƒãƒˆã¨ã„ã†čĄŒå‹•ãŒčĩˇãã‚‹ã¨ã„われãĻいぞす。 典型įš„ãĒめんおくさい『構ãŖãĻãĄã‚ƒã‚“ã€ã§ã—ãŸã€‚ æŗ¨å°„する部äŊãĢよãŖãĻäŊŋį”¨ã™ã‚‹é‡ã‚’æ›ŋえ、少しでもæ‚Ŗč€…æ§˜ãŽį—›ãŋが少ãĒくãĒるようãĢåŠĒ力しãĻいぞす。

13

ãƒĒ゚トã‚Ģットãƒģ栚性į„ŧããŽå‚ˇčˇĄæ˛ģį™‚

ぞた、 å¸‚č˛Šč–Ŧを 財ãŖãĻたくさん éŖ˛ã‚“だり、 非合æŗ•ãŽ č–Ŧを å…Ĩ手したりする äēēもいぞす。 そこでæ—Ĩごろį§ãŒãŠäŧãˆã—ãĻいるようãĒ、 īŧ‘īŧīŧīŧ…過äŋč­ˇãŽå­č‚˛ãĻをしãĻあげãĻください。

29

ãƒĒ゚トã‚ĢãƒƒãƒˆãŽå‚ˇčˇĄã‚’įļēéē—ãĢæ˛ģį™‚するãĢはīŊœãƒŦãƒŧã‚ļãƒŧīŧŸįšŽč†šį§ģ植īŧŸčˇĄã‚’æļˆã™ãŠã™ã™ã‚ãŽæ–šæŗ•

į¸ĻãĢįŸ­ãåˆ‡ãŖãĻいぞす。 そんãĒはずはãĒいんです。 īŧœč¨˜äē‹åŸˇį­†ãƒãƒĒã‚ˇãƒŧīŧž įŽĄčĻ‹ãŽé™ã‚Šå°‚門ぎ書įąã‚„åŽĸčĻŗįš„ãĒデãƒŧã‚ŋã‚’å‚č€ƒãĢ記čŋ°ã—ãĻいぞす。

4

「ãƒĒ゚トã‚Ģット」ぎå¤ĸをčĻ‹ã‚‹æ„å‘ŗとはīŧŸå¤ĸ占いでぎč§Ŗ釈

そぎことをぞさãĢįĩŒé¨“した3äēēぎč‹Ĩč€…ãŽã‚ŗãƒĄãƒŗãƒˆã‚’č€ƒãˆãĻãŋぞしょう。 īŧˆé–˛čĻ§æŗ¨æ„ã§ã™ã€č‹Ļ手ãĒ斚はčĻ‹ãĒいでください。 最初は遊ãŗ半分でやãŖãĻいた子も、 įŋ’æ…Ŗ化しãĻãã‚‹ã¨čž›ããĒるたãŗãĢãƒĒ゚トã‚Ģットを įš°ã‚Ščŋ”しãĻしぞうようãĢãĒりぞす。

ãƒĒ゚トã‚Ģットとは

世ぎ中ãĢはあãĒたをおうやãŖãĻį—›ã‚ã¤ã‘ãĻã‚„ã‚ã†ã‹ã¨č€ƒãˆãĻいるäēēもいれば、あãĒたとäģ˛č‰¯ãã—たいと思ãŖãĻいるäēēもいるし、あãĒたをčĻ‹ãĻåĢŒã„だãĒと思うäēēもįĸēかãĢいるし、同時ãĢあãĒたをčĻ‹ãĻãĒんかいいäēēだãĒãƒŧと思うäēēもいるぎです。

23

ãƒĒ゚トã‚Ģットīŧˆæ‰‹éĻ–č‡Ēå‚ˇį—‡å€™įž¤īŧ‰

ã“ãŽč¨˜äē‹ãŽåŸˇį­†č€… ãŋき ã„ãĄãŸã‚ã† åŋƒį†ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģナãƒŧ 大é˜Ē大å­Ļ卒 大é˜Ē大å­Ļ大å­Ļé™ĸäŋŽäē† æ—ĨæœŦåŋƒį†å­Ļäŧšäŧšå“Ą ãĒお ã‚ˇãƒŗクã‚ŋãƒŗクぎčĒŋæŸģį ”įŠļデã‚ŖãƒŦクã‚ŋãƒŧãĒおをįĩŒãĻ、į´„20åš´ãĢわたりã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグ、åŋƒį†č‡¨åēŠãĢたずさわãŖãĻいぞす。 åŋƒé…ãĒら一åēĻį—…é™ĸでãŋãĻもらうぎが一į•Ēだと思いぞす。

20