🌌労働 安全 衛生 法 規則👌 - 労働安全衛生規則第11条

労働安全衛生規則第13条

以下第151条の7までにおいて同じ。 (手袋の使用禁止) 事業者は、ボール盤、面取り盤等の回転する刃物に作業中の労働者の手が巻き込まれるおそ れのあるときは、当該労働者に手袋を使用させてはならない。 (産業医の定期巡視及び権限の付与)第十五条 産業医は、少なくとも毎月一回(産業医が、事業者から、毎月一回以上、次に掲げる情報の提供を受けている場合であつて、事業者の同意を得ているときは、少なくとも二月に一回)作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない。

3

共通 3 「総括安全衛生管理者」 「安全管理者」 「衛生管理者」 「産業医」のあらまし

業 種 免許等保有者 農林水産業、鉱業、建設業、製造業 物の加工業を含む。

4

労働安全衛生規則の全文・条文

三 10年以上木造建築物の組立て等の作業に従事した経験を有する者で、当該期間のうち3年以上当該作業に係る職長その他の当該作業に従事する労働者を直接指導し、又は監督する者としての地位にあつたものであること。 また、使用者の責に帰すべき事由によって労働者から労働の場を奪い、その回復には使用者の協力を求めてもこれを得る見込みのないときは、休職命令の効力停止を求める仮処分の必要性があるとしました。 )で、第1号に規定する研修を修了したものであること。

労働安全衛生規則第36条

事業者は、車両系荷役運搬機械等を用いて作業(不整地運搬車又は貨物自動車を用いて行う道路上の走行の作業を除く。 以下同じ。 の項第二号から第四号までの要件に該当することを理由とするものを除く。

14

・労働安全衛生規則(◆昭和47年09月30日労働省令第32号)

令第二十三条第五号の業務 当該業務に五年以上従事した経験を有すること。 労働者の健康保持 労働安全衛生法では第1条の目的にあるように、安全確保だけでなく労働者の健康を守るため、各種検査等必要な措置の実施を事業者に義務づけています。

労働安全衛生規則

条文 [ ] (産業医の選任) 第13条• )があつたときは、その事業の全部を譲り受けた者又は相続人 (相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により事業を承継すべき相続人を選定したときは、その者。 2 第二条第二項の規定は、産業医について準用する。 令第二十三条第十号の業務 当該業務に四年以上従事した経験を有すること。

労働安全衛生法|条文|法令リード

2 第二条第二項及び第三条の規定は、衛生管理者について準用する。

10