đŸ‘‘ãƒã‚Ŧテã‚Ŗブ ã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ と はđŸĨ‡ - ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗīŧšä¸įĸēかさãĢåą…įļšã‘る力

ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚ŖとはīŊœįžäģŖãĢåŋ…čĻä¸å¯æŦ ãĒåŋƒãŽåŠ›

だとしたら、 äēēやäŧšį¤žã¨ãŽã¤ãĒがりãĢį„Ąį†ã—ãĻ手をäŧ¸ã°ã™ãŽã§ã¯ãĒく、æŗĸぎčĩ´ããžãžãĢčēĢをäģģせãĻãŋãĻã‚‚ã„ã„ã¨č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã§ãã‚‹ã‚ã‘ã§ã™ã€‚ そしãĻ、åŋƒã‚‚å†ˇé™ãĢäŋãĻるぎだ。 į˛žįĨžåŒģį™‚ではæ‚Ŗč€…ãŽį’°åĸƒã‚’変えãĒいと、おうãĢもãĒらãĒいことばかりâ€ĸ č§Ŗæąēį­–がぞãŖたくわからãĒい時。

6

äģŠã“そåŋ…čĻãĒčƒŊ力は、「ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ」ãĒぎかもしれãĒい。

ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚ŖãĢé–ĸするæœŦ それでは、「ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ」ãĢé–ĸするæœŦをごį´šäģ‹ã—ぞしょう。 äŋé™ēãĢ加å…Ĩした時ぎ『äŋéšœã€ãŒ 果たしãĻ『万全』ãĒぎか、 ã¨ã„ã†č­°čĢ–はありぞすが、 大きãĒäŧæĨ­ãŒã€ 「我がį¤žãŽäŋé™ēで備えれば厉åŋƒã§ã™īŧã€ãƒãƒŧãƒŗīŧ ã¨č¨€ãŖãĻくれたら、 ã˛ã¨ã‚Šã§č€ƒãˆã‚‹ã‚ˆã‚Šã¯ãĒんとãĒく、 厙ãļã‚‰ã‚Šã‚“æ„Ÿã¯č–„ã‚Œãžã™ã€‚

ネã‚Ŧテã‚Ŗãƒ–ã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ

おそらくそういうときは、不æ ŧåĨŊãĒæŗŗぎ斚をしãĻいた可čƒŊ性も少ãĒくはありぞせん。

ネã‚Ŧテã‚Ŗãƒ–ã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ

åŖを開ける 動äŊœã‚’するたãŗãĢ「īŊžã—ãĻる」とčĒč­˜ã—įļšã‘ã‚‹äŊœæĨ­ã§ã™ã€‚

7

複雑ãĒčĒ˛éĄŒã‚’č§Ŗくã‚Ģã‚Žã¯ã€Œč€ãˆã‚‹åŠ›ã€ãĢあるīŧŸ ネã‚Ŧテã‚Ŗヴãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗぎ技æŗ•ã‚’å­Ļãļīŧˆ1/3ペãƒŧジīŧ‰

æ‚Ŗč€…ã‚’č¨ēる際ãĢæŦ ã‹ã›ãĒã„ã€Œå…ąæ„Ÿã€ãŽåœŸå°ã¨ãĒã‚‹č€ƒãˆæ–šã¨ã—ãĻ、į˛žįĨžåŒģå­Ļぎ世į•Œã§įŸĨられるようãĢãĒãŖた。 į˛žįĨžį§‘åŒģとしãĻã‚ŽãƒŖãƒŗブãƒĢ䞝存į—‡ãĒおãĢ取りįĩ„む。 æœŦåŊ“ãŽåąæŠŸã¨ã¯ã€č€ƒãˆãŸãã‚‚ãĒいようãĒæ‚˛æƒ¨ãĒįŠļæŗã‹ã‚‚しれãĒい、という重ãŋを十分ãĢ受けæ­ĸめãĒがら、さらãĢč€ƒãˆãĻいきたい。

19

ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗ / į­”えぎでãĒいäē‹æ…‹ãĢč€ãˆã‚‹åŠ›

į´„160嚴ぎ時をįĩŒãĻ再į™ēčĻ‹ã•ã‚ŒãŸæĻ‚åŋĩ ネã‚Ŧテã‚Ŗブãƒģã‚ąã‚¤ãƒ‘ãƒ“ãƒĒテã‚Ŗを最初ãĢį™ēčĻ‹ã—ãŸãŽã¯ã€č‹ąå›Ŋぎロマãƒŗæ´žã‚’äģŖčĄ¨ã™ã‚‹čŠŠäēēジョãƒŗãƒģキãƒŧツです。 「æ›ŋえįŽ‰ã¯ã„らねãƒŧんだよīŧã€ã¨č¨€ã„たくãĒりぞしたが、指į¤ēãĢ垓い、į„Ąč¨€ã§č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ãŒãžãžå°ãŽä¸Šã‚’1回、2回と回りぞした。 すると、「分かãŖãĻいる」と思ãŖãĻいた部下やįĩ„įš”ぎことを、原はãģとんおįŸĨらãĒいč‡Ē分ãĢä¸æ€č­°ã¨æ°—ãŒã¤ã„ãŸã‚Šã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚

26