🌌電波 伝搬 障害 防止 区域🎀 - 総務省|関東総合通信局|電波伝搬障害防止制度:手続きの流れ

よくある質問回答|那覇市公式ホームページ

この届出に基づき、総務大臣はその高層建築物等が当該重要無線通信の電波の伝搬障害となるかどうかを判定して建築主に通知する。 [Q18:風致地区の区域と制限等を調べたい。 電波法等の規定により伝搬障害防止区域を指定する件等の一部を改正する件(同八四) 155• 高度地区 : 厚木市に指定はありません。

3

総務省 電波利用ホームページ|電波環境|電波伝搬障害防止制度

規制区域の確認や区域内での物件等の設置工事、工事用等クレーンの使用を行う場合は、事前に下記の問合せ先にてご確認ください。

18

電波法第102条の3

国道 :沖縄県 南部国道事務所 調査第一課 TEL:098-862-5325• 5 前項に規定する指定行為に係る建築主は、当該の指定後遅滞なく、総務省令で定めるところにより、当該指定行為に係る工事の計画を総務大臣に届け出なければならない。

26

問い合わせ先

。 [Q24:法22条による区域ついて調べたい。 建築計画概要書 : 【第二庁舎13階建築指導課】 昭和54年度以降に処分がされた建築確認について閲覧・有料にて複写ができます。

伝搬障害防止区域

2項道路に面して建物を建てる場合や塀等を設ける場合、道路の中心から2mの位置に敷地後退(セットバック)しなければなりません。 農地(農振法) について お問い合わせ:農業振興課• )において施工中の指定行為(総務省令で定める程度にその施工の準備が完了したものを含む。

総務省 電波利用ホームページ|電波環境|電波伝搬障害防止制度

当該高層建築物等が防止区域内にある場合は、関東総合通信局へ「高層建築物等予定工事届」の提出が必要です。 都市計画道路、都市施設(道路、公園等)による制限について(都市計画法53条許可) お問い合わせ:入間市都市計画課• 証明書の交付までに2・3日程度かかります。 [Q8:建築確認済や完了検査済の証明書を入手したい。

5

確認申請の概要 市原市

府令・省令• ] A:建築基準法第22条による区域では、建築物の屋根や外壁等の部分について、火災を防止するために必要とされる性能基準等に適合したものとする必要があります。

9

確認申請の概要 市原市

高層建築物等が伝搬路上に位置するときは、あらかじめ総務大臣にその高層建築物等の位置、高さ、形状等を 届け出なければ とどけなければ ならないことになっています。 ] A:「2項道路」(狭あい道路)とは、建築基準法42条2項による道路となります。 [Q2:道路の幅や長さを調べたい。

1