😀産業 競争 力 強化 法🌌 - 産業競争力強化法|条文|法令リード

産業競争力強化法

第四十条の四及び第五十二条第一項中「第十五条第一項第十三号」を「第十五条第一項第十二号」に改める。 (内閣総理・総務・法務・財務・文部科学・厚生労働・農林水産・経済産業・国土交通大臣署名). 2、規制に対する支援装置 規制に悩んでいる方のために、次のような措置が講じられました。

21

産業競争力強化法(METI/経済産業省)

市区町村別の認定創業支援等事業計画の概要 市区町村が創業支援等事業者と連携して策定する「創業支援等事業計画」は、令和2年12月現在1,303件 1,460市区町村 が認定されています。

19

中小企業庁:産業競争力強化法に基づく認定を受けた市区町村別の創業支援事業計画の概要(北海道)

(特定事業再編計画の認定) 第二十六条 二以上の事業者は、その実施しようとする特定事業再編に関する計画(以下「特定事業再編計画」という。 5 主務大臣は、第一項の認定をしたときは、主務省令で定めるところにより、当該認定に係る特定事業再編計画の内容を公表するものとする。

「産業競争力強化法」に基づく創業支援等事業計画について

)に係る保険関係の保険価額の合計額及びその他の保険関係の保険価額の合計額がそれぞれ2000万円及び8000万円」と、同条第3項中「当該借入金の額のうち保証をした額が8000万円(当該債務者」とあるのは「創業関連保証及びその他の保証ごとに、当該借入金の額のうち保証をした額がそれぞれ2000万円及び8000万円(創業関連保証及びその他の保証ごとに、当該債務者」と、「8000万円から」とあるのは「それぞれ2000万円及び8000万円から」とする。 地域活性化を目指す自治体、地域の支援機関の皆様の創業支援の参考に御活用ください。 これから創業する中小企業の方に対する支援措置• )が認定中小企業承継事業再生計画に従って中小企業承継事業再生を 実施するために必要とする資金の調達を図るために発行する株式、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを除く。

中小企業庁:産業競争力強化法に基づく認定を受けた市区町村別の創業支援事業計画の概要(北海道)

ただし、配当財産が金銭以外の財産であり、かつ、株主に対して金銭分配請求権を与えないこととする場合を除く。 5 経済産業大臣及び財務大臣は、実施指針を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表するものとする。

25

産業競争力強化法|条文|法令リード

第百四十条 〔略〕 一 新事業活動に関する事項 新事業活動に係る事業を所管する大臣 二 特定研究成果活用支援事業計画に関する事項 経済産業大臣及び文部科学大臣 三 事業再編計画に関する事項 事業再編計画に係る事業を所管する大臣 四 特定事業再編計画に関する事項 特定事業再編計画に係る事業を所管する大臣 五 事業再編促進円滑化業務及び事業再編促進業務に関する事項 経済産業大臣及び財務大臣 六 創業支援事業計画に関する事項 経済産業大臣、総務大臣及び創業支援事業計画に係る創業支援事業を所管する大臣 七 中小企業承継事業再生計画に関する事項 経済産業大臣及び中小企業承継事業再生計画に係る事業を所管する大臣 3 前項の規定にかかわらず、第二条第二項、第八条第二項及び第三項、第十条第三項及び第五項並びに第十二条における主務省令は、規制について規定する法律及び法律に基づく命令(人事院規則、公正取引委員会規則、国家公安委員会規則、公害等調整委員会規則、公安審査委員会規則、中央労働委員会規則、運輸安全委員会規則及び原子力規制委員会規則を除く。 (実用新案法施行規則第一の二条第三項) 4.日本版バイ・ドール制度に関連する法令 科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律(平成二十年法律第六十三号)(文部科学省所管) 第二十二条 国は、その委託に係る研究であって本邦法人と外国法人、外国若しくは外国の公共的団体又は国際機関(第三号において「外国法人等」という。 2 国は、認定事業者の雇用する労働者について、失業の予防その他雇用の安定を図るため必要な措置を講ずるよう努めるものとする。

16