đŸ“€æ˜Žæœ— æ´ģį™ē 意å‘ŗ🏆 - 「明朗闊達」ぎ意å‘ŗとäŊŋい斚ãƒģ「明朗åŋĢæ´ģ」とぎ違いãƒģäž‹æ–‡ãƒģ類čĒž

「æēŒå‰Œ(はつらつ)」とはīŧŸæ„å‘ŗやäŊŋい斚を䞋文äģ˜ãã§ã‚ã‹ã‚Šã‚„すくč§ŖčĒŦ

æ´ģį™ēãŽéĄžčĒž æ´ģį™ēãŽéĄžčĒžãƒģ類įžŠčĒžã¨ã—ãĻã¯ã€æ°—æŒãĄã‚„æ€§čŗĒが明るく元気ぎよいさぞを意å‘ŗする「åŋĢæ´ģ」、į”Ÿãį”Ÿãã¨ã—た感じを意å‘ŗする「į˛žåŊŠã€ã€į”Ÿãį”Ÿãã¨ã—ãĻ元気ぎよいさぞを意å‘ŗする「æēŒå‰Œã€ãĒおがありぞす。 初寞éĸぎäēēともã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗを上手くとることがå‡ēæĨるぎも、明朗ãĒäēēが持つくãŖたくぎãĒいįŦ‘éĄ”ãŒčĻå› ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ょう。 」とč‡Ēåˆ†ã§æ°—æŒãĄãĢ切りをäģ˜ã‘ることがå‡ēæĨã‚‹ãŽã§ã€æ°—æŒãĄãŽåˆ‡ã‚Šæ›ŋえが旊いです。

23

明朗åŋĢæ´ģとはおんãĒ意å‘ŗīŧŸčĒžæēã‚„äŊŋい斚ãƒģ類įžŠčĒžã‚’䞋文とともãĢį´šäģ‹

「同じæĨ­į•Œãƒģ聡į¨ŽīŧæĨ­į¨Žã€ã§æ´ģčēã™ã‚‹ã“とができるäģ•äē‹ã‚’æŽĸすãĢは、 「æĨ­į•Œãƒģ聡į¨ŽīŧæĨ­į¨ŽãĢį‰šåŒ–したčģĸčˇã‚¨ãƒŧジェãƒŗトやčģĸ聡ã‚ĩイトをäŊŋうこと」をおすすめしぞす。

9

通äŋĄį°ŋぎ文䞋集『į”Ÿæ´ģįˇ¨ã€

「įš„ã€ã¯ã€Œãžã¨ã€ã§ã™ã‹ã‚‰ã€ã€ŒããŽæĄäģļ」č‡ĒäŊ“が「ぞと」であり、「įš„ã‚’å°„ãĻいるīŧˆæĄäģļãĢ合ãŖãĻいるīŧ‰ã€ã¨ã„うことでしょうね。 外į§‘ãĢčĄŒãã¨īŧ¸įˇšæ’ŽåŊąãŽåžŒã€ とりあえずīŧ’é€ąé–“ã¨ã ã‘č¨€ã‚ã‚ŒãĻčļŗをå›ēåŽšã•ã‚Œã€æžč‘‰æ–ãŒč˛¸ã—å‡ēされぞした。

28

「明朗åŋĢæ´ģ」はおんãĒ性æ ŧīŧŸæ„å‘ŗとäŊŋい斚、čĒ­ãŋæ–šã€éĄžčĒžã‚’䞋文つきでč§ŖčĒŦ

そぎ1。 čŗ‡æ ŧãĢ合ãŖãĻいる、という意å‘ŗ。

13

エãƒŗジェãƒĢナãƒŗバãƒŧ111ぎ意å‘ŗ。そ、そういうこと?!

はい、ぞず大きく息を吸ãŖãĻīŊžã€åã„ãĻīŊžã€‚ 器量ぎ大きãĒäēēと気įĢ‹ãĻãŽč‰¯ã„äēēは少し意å‘ŗが違うそうです。 それはãĒぜかといいぞすと、 čģĸčˇã‚¨ãƒŧジェãƒŗトではåŋœå‹Ÿå…ˆäŧæĨ­ãŽå†…æƒ…ã‚„ä¸Šå¸ãŽæƒ…å ąã€äŧšį¤žãŽé›°å›˛æ°—や掋æĨ­æ™‚間ぎ原態ãĒおãĢついãĻčŠŗしく教えãĻくれるからです。

20

「明朗åŋĢæ´ģ」はおんãĒ性æ ŧīŧŸæ„å‘ŗとäŊŋい斚、čĒ­ãŋæ–šã€éĄžčĒžã‚’䞋文つきでč§ŖčĒŦ

そぎようãĢ、čĒ°ã‹ã‚‰čĻ‹ãĻã‚‚åˆ†ã‹ã‚Šã‚„ã™ãã€ãžãŸæ˜Žã‚‹ãã¯ãã¯ãã¨čĄŒå‹•ã—ãĻいるäēēは、周りぎäēēãŸãĄã‹ã‚‰åĨŊかれる傞向ãĢありぞす。