đŸŒŒå°žãĻいéĒ¨ ãļつけ ãŸđŸŽˆ - å°žãĻいéĒ¨ã‚’æ‰“æ’˛ã—ãĻしぞãŖた時ぎį—‡įŠļとはīŧŸæ˛ģį™‚はおうすればいいぎīŧŸ

å°žãĻいéĒ¨ãŽæ‰“æ’˛ãŽį—‡įŠļãĢついãĻ

ãŸã ã—ã€č‰¯å§ŋå‹ĸは最も尞ãĻいéĒ¨ã¸ãŽč˛ æ‹…がかかりãĢくいč‚ĸäŊã§ã¯ã‚りぞすが、あぞりãĢã‚‚é•ˇæ™‚é–“ã§ã¯ããŽå§ŋå‹ĸでさえもį—›ãŋがでãĻくる場合がありぞす。 ぞた、äēēãĢよãŖãĻはåŧˇã„ã‚Ģゎ型ぎようãĢãĒãŖãĻいる場合やéĒ¨ãŽæ•°ãŒå¤šã„場合ãĒおもありぞす。

16

åē§ã‚‹ã¨å°žãĻいéĒ¨ãŒį—›ã„ぎは〇〇をãģぐすäē‹ã§æ˛ģるかもしれぞせんīŧīŧ

äģ–ãŽč¨˜äē‹ã§ã‚‚äŊ•åēĻã‚‚č¨€ãŖãĻいãĻį”ŗしč¨ŗãĒいぎですが、į—…æ°—ã‚„ã‚ąã‚Ŧã‚’å°‘ã—ã§ã‚‚æ—Šãč‰¯ãã™ã‚‹ä¸Šã§æœ€ã‚‚å¤§åˆ‡ãĒぎは 旊期į™ēčĻ‹ãƒģ旊期æ˛ģį™‚ です。 åŧ•į”¨īŧš į­‹č†œã¨ã„うįĩ„įš”は最čŋ‘ãĢãĒãŖãĻæŗ¨į›Žã‚’æĩ´ãŗãĻきたため、äģŠãžã§ã¯čžã„たäē‹ãŒãĒかãŖたäēēも多くいると思いぞす。 éĒ¨æŠ˜ã¯į”Ÿæ´ģãĢ支障をきたしぞすぎで、できるだけéĒ¨æŠ˜ã—ãĒいようãĢ気をつけãĻãģしいと思いぞす。

3

å°žãĻいéĒ¨ãŽæŋ€į—›ãŽåŽŸå› ã¯ãƒ‡ã‚šã‚¯ãƒ¯ãƒŧクīŧŸæ˛ģし斚や寞å‡Ļæŗ•ã¯īŧŸ

æ”ŋåēœįŽĄæŽŒįŗģぎį¤žäŧšäŋé™ēからį´„400億円、 老äēēäŋé™ēįŗģからį´„800億円、äŋé™ēはさらãĢ数į¨ŽéĄžã‚りぞすから、嚴間でį´„2000億円 ãģお、かかãŖãĻいるぎではãĒいでしょうかīŧŸã—かしそぎãģとんおが、不æ­ŖčĢ‹æą‚で すから、我々ぎåŒģį™‚č˛ģ、æļˆč˛ģį¨ŽãŒä¸ŠãŒã‚‹ãŽã‚‚į´åž—できぞすよね。

5

å°žãĻいéĒ¨ã‚’åŧˇæ‰“īŧį—›ãŋを和らげるīŧ“つぎæ˛ģį™‚æŗ•ã¨ã¯īŧŸ

ドãƒŧãƒŠãƒ„åž‹ãŽã‚¯ãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗをįŊŽãã“とでåē§ãŖたときãĢ å°žãĻいéĒ¨ãŒåœ°éĸãĢつかずãĢ済むぎでį—›ãŋを 和らげることができぞす。 椅子ãĢåē§ã‚ŠãŖãąãĒしぎ時やįĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚‹ã¨ããŒ į‰šãĢį—›ã„。

19

å°žãĻいéĒ¨ãŽæ‰“æ’˛ãŽį—‡įŠļãĢついãĻ

毎æ—Ĩやるåŋ…čĻã¯ã‚りぞせんが、旊くį—‡įŠļ攚善したい斚は是非おčŠĻしを。 į­‹č‚‰ãŽįˇŠåŧĩでもį—›ãŋが 時ãĢは、 おしり周りぎį­‹č‚‰ãŽįˇŠåŧĩがあãĒたぎį—›ãŋぎåŧ•ãé‡‘ãĢãĒãŖãĻいる場合もãƒģãƒģãƒģ 原はį§ãŒã“れだãŖたんです īŊ°īŊ°; ã“ã‚Œã‚‚ã€é•ˇæ™‚é–“ãŽåē§ã‚‹ã“とが原因とãĒãŖãĻいる場合が多いです。

28

これãŖãĻ腰į—›īŧŸå°žãĻいéĒ¨å‘¨ã‚ŠãŒį—›ã‚€æ™‚ぎ寞å‡Ļと攚善æŗ•

äģ™éĒ¨č„Šį´ĸč…Ģ éĒ¨į›¤ãĢあるäģ™éĒ¨ã¨ã„うéĒ¨ãĢæ‚Ē性č…Ģį˜ãŒã§ãã‚‹äē‹ãŒã‹ãĒりį¨€ãĢですがありぞす。 čŖœčļŗありがとうございぞす。

2

å°žãĻいéĒ¨ãŒį—›ã„īŧšåŒģå¸ĢãŒč€ƒãˆã‚‹åŽŸå› ã¨å¯žå‡Ļæŗ•īŊœį—‡įŠļčžžå…¸

こぎãƒĒハビãƒĒをしãĻもį—›ãŋやしãŗれがå‡ēる場合は ぞだやるæŽĩ階ではãĒいぎでį—›ãŋやしãŗれが æļˆãˆã‚‹ãžã§åŽ‰é™ãĢしãĻいることをお勧めしぞす。 åē§ã‚Šæ–šã‚’変える åē§ã‚Šæ–šãŒæ‚Ēいと、尞éĒ¨ãĢåŧˇã„力がかかãŖãĻ様々ãĒį—‡įŠļãĢつãĒがりぞす。

15