👌中国 サプライ チェーン✔ - コロナウイルスで露呈した“中国依存” 世界の自動車産業が抱えるサプライチェーンの弱点

中国の武漢市と3省、大雨で赤色警報発出 サプライチェーンに懸念

これらをみると、主に以下の3つの特徴点が指摘できる。 これらの短期的施策で急場を乗り越えつつ、次のような中・長期的施策で将来に備える。 国際生産ネットワークのこうした特性を考慮すると、他国の通商政策の変更等により、特定のネットワーク参加国・地域に何らかのショックが与えられた場合には、ネットワークの変更には相応の時間とコストがかかることから、他のネットワーク参加国・地域にもある程度の影響が及ぶ可能性が高いことには留意する必要がある。

14

コロナショックが明らかにした「サプライチェーンリスクマネジメント」の重要性 (1/3)

現在、中国のサプライチェーンはiPhoneにとって欠かせない存在となっている。 7カ月分しか保有現預金を有していない。 中国では工場の操業停止や物流網の寸断といった事態が発生していたが、中国国内での感染が収束すれば、元に戻るという楽観的な見方も多かった。

22

米中貿易摩擦による欧米企業のサプライチェーン変更は限定的

急に増産を行おうと思っても、国内にその設備はない。

3

アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた

米国や欧州は中国から安価な製品を大量に輸入しているので、もし中国での生産や物流が停滞した場合、自国産あるいは中南米などからの輸入に切り替えることになる。

2

「脱中国」サプライチェーンが世界中で本格化、日本の製造業も対応急務

長江にある巨大な三峡ダムは下流の洪水リスクを和らげるため放水を抑えており、水位は警戒水準を10メートル以上上回っている。 ところが、次はまるで喜劇のように復活を果たしたのだ。 その際、企業の工場などはどう立地するか、その立地パターンはどう決まるのか、についてさまざまな角度から分析や考察を行います。

26

コロナショックが明らかにした「サプライチェーンリスクマネジメント」の重要性 (1/3)

下手をすると、先進国である自国から非熟練労働の仕事を海外に出すだけで終わってしまうリスクを見落とすわけにはいきません。

27