👍アングスト 実話😀 - 「アングスト/不安」実話、元ネタとなったオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクの事件とは

映画『アングスト/不安』現在も服役中の殺人鬼による一家惨殺事件を映画化

この世界には、こういう常人の理解を超えた行動をする人間が現にいる。

実録スリラー映画『アングスト/不安』上映禁止となった“異常”な傑作、37年越しに解禁

1984年以降は作家、監督、プロデューサーとして100以上のCMやプロモーション映像の制作に携わり、カンヌ国際映画祭をはじめ30以上の国内外やクリオ賞などで受賞。 この異常な展開により、警察の逆鱗に触れた者は異常者と決め付け精神病院送りにするという当時の市警察の腐敗体質が暴露された。

世界中で上映禁止の実録殺人鬼映画、37年を経て遂に解禁!! 不安と不快のどん底に叩き込む『アングスト/不安』

net》. あまりに<異常>でほぼ「封印」されていた、途方もない傑作である。 これは、ジェラルド・カーグル監督の要望により今回の日本版の予告のみに入れられたものであり、 この映画を観る者への警告ともとれる。 日本独自のチラシのデザインについて「素晴らしい!」と絶賛、「遂にこの映画史上に残るマスターピースが日本で公開されることを知りとても嬉しく思う」と語っている。

映画『アングスト/不安』オフィシャルサイト

本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。

『アングスト/不安』を「60回は見た」ファン代表ギャスパー・ノエからのメッセージ

監督を務めたのは、ギャスパー・ノエ。 まとめ (C)1983 Gerald Kargl Ges. 83年にオーストリアで製作され、日本では88年に「鮮血と絶叫のメロディ 引き裂かれた夜」のタイトルでレンタル用VHSとして発売された作品を2020年に劇場初公開。

10

「R15+だが精神的に滅入る」…世界各国で上映禁止の実録スリラー『アングスト/不安』予告

案の定、老婆を撃ち殺して再び逮捕されるも精神異常の訴えは退けられ、10年未満でシャバへ。 本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。

15