đŸŽŒå é ­į—›đŸ˜€ - 偏頭į—›ãĢ劚くč–Ŧ一čĻ§[偏頭į—›ãŽäēˆé˜˛īŊĨæ˛ģし斚īŊĨ寞å‡Ļæŗ•]

į‰‡é ­į—›

更嚴期ぎåĨŗ性が悊んでいる頭į—›ãŽãģとんおは、偏頭į—›ã‚‚しくはįˇŠåŧĩ型頭į—›ã§ã™ãŒã€äēŒã¤ãŽæˇˇåˆåž‹ã§čĩˇã“ãŖãĻいる場合もありぞす。 持įļšæ™‚é–“ãŒé•ˇãã€į—›ãŋがåŧˇã„というį‰šåž´ãŒã‚りぞす。 偏頭į—›ã¯čĄ€æļ˛ãŒč†¨åŧĩしãĻåŧ•ãčĩˇã“ã•ã‚Œã‚‹å ´åˆãŒã‚ã‚‹ãŸã‚ã€é ­éƒ¨ã‚’å†ˇã‚„ã—ãĻ膨åŧĩã—ãŸčĄ€įŽĄã‚’収į¸Žã•ã›ã‚‹ã“とで、頭į—›ã‚’抑えることがå‡ēæĨぞす。

25

偏頭į—›īŊœį‰‡é ­į—›ãŽæ˛ģし斚で劚果įš„ãĒéŖ˛ãŋį‰Šã¨éŖŸãšį‰Šã§äēˆé˜˛ã™ã‚‹īŧ

少しį—›ã„ですがâ€Ļ これらぎツボをæŠŧすことで į–˛ã‚Œã‚’取ãŖたり゚トãƒŦ゚を減らせぞす。 į´čą†ã‚„ãŠčą†č…ã‚‚ãŠã™ã™ã‚ã§ã™ã€‚

6

į‰‡é ­į—›ã¨ã¯īŧˆį—‡įŠļãƒģ原因ãƒģæ˛ģį™‚ãĒおīŧ‰īŊœãƒ‰ã‚¯ã‚ŋãƒŧã‚ēãƒģãƒ•ã‚Ąã‚¤ãƒĢ

もし、「頭į—›ãŽåŽŸå› ãŒãŠã†ã—ãĻもわからãĒい」という場合は歯åŒģč€…ã§å™›ãŋ合わせをč¨ē察しãĻもらいぞしょう。 ãã‚‚č†œä¸‹å‡ēčĄ€ã‚„éĢ„č†œį‚Žã€č„ŗč…Ģį˜ãĒおぎ重大ãĒį—…気ぎ可čƒŊ性がありぞす。

3

ã‚ēキã‚ēキį—›ã„īŧåé ­į—›ã‚’和らげる斚æŗ•ã€‚éŖŸãšį‰Šã‚„ツボで寞å‡Ļ。

頭ぎį‰‡å´ã ã‘į—›ã„ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚Œã°ã€ä¸Ąå´ãŒį—›ã‚€ã“ともあるâ€ĸ ãƒģ偏頭į—›ã¨éŖŸäē‹ãĢついãĻč¨˜ã—ãŸč¨˜éŒ˛ã‚„åŽļ族ぎæ—ĸ垀歴といãŖãŸæƒ…å ąã¯ã€ã“ã“ã§č¨ē断とäģ–ぎ専門åŒģとぎé€Ŗæēぎ゚ピãƒŧドを速めるぎãĢåŊšįĢ‹ã¤ã ã‚ã†ã€‚ 攚善する斚æŗ•īŧ• į–˛ã‚ŒãŒãŸã‚ã“ぞãĒいäŊ“čŗĒをつくる。 åĨŗ性ãĢã¯å†ˇãˆæ€§ãŽäēēが多いぎで常ãĢå†ˇãˆé˜˛æ­ĸ寞į­–ã‚’čĄŒã„ãžã—ã‚‡ã†ã€‚

10

ã‚ĒãƒŧドãƒĒãƒŧč‹Ĩ林 おぎやはぎ小木ぎå…Ĩé™ĸãƒģ偏頭į—›æ˛ģį™‚ã‚’čĒžã‚‹

つらい偏頭į—›ãĢ悊ぞされãĻいるときはč‡Ēåˇąåˆ¤æ–­ã›ãšã€ãžãšã¯ãŠåŒģč€…ã•ã‚“ãĢį›¸čĢ‡ã—ãĻãŋるぎがįŦ‘éĄ”ã§éŽã”ã›ã‚‹æ¯Žæ—Ĩへぎčŋ‘道です。 į‰šãĢčĒ˜åŧ•ãĒくį—‡įŠļがå‡ēることが多いが、äģĨ下ぎäē‹æŸ„がきãŖかけとãĒる場合があるâ€ĸ čĻĒ指ぎ中åŋƒã‚’ã‚°ãƒĒグãƒĒ揉ãŋぞしょう。

8

偏頭į—›ãĢ劚くč–Ŧ一čĻ§[偏頭į—›ãŽäēˆé˜˛īŊĨæ˛ģし斚īŊĨ寞å‡Ļæŗ•]

ãƒģビã‚ŋミãƒŗB2 これらぎ成分は、æ—ĨæœŦé ­į—›å­Ļäŧšã§ã‚‚ 偏頭į—›ãŽäēˆé˜˛ã‚„寞į­–ãĢ劚果があるとしãĻčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいる成分です。

2

偏頭į—›īŧˆį‰‡é ­į—›īŧ‰ãĢよるめぞいぎį—‡įŠļãƒģ寞å‡Ļæŗ•ã‚’ãƒĒã‚ĩãƒŧチ

ã‚ģãƒĢãƒ•ã‚ąã‚ĸぎ斚æŗ•ã‚’įŸĨることで、č‡Ē分で頭į—›ãĢãĒらãĒいäŊ“čŗĒãĢしãĻいくことができぞす。

14

į‰‡é ­į—› (へんずつう)

č‡Ēåˇąåˆ¤æ–­ã§č–ŦをéŖ˛ã‚€ã“ã¨ã¯č‰¯ãã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ į—›ãŋはīŧ‘īŊž2時間でピãƒŧクãĢ達しãĻ、吐き気やおう吐をäŧ´ã†ã“とも多いです。 į†ąã™ãŽã‚‹ã¨ã‹ãˆãŖãĻåˆēæŋ€ãĢãĒるぎでよくありぞせん。

22