đŸ†åœ° į¸› å°‘åš´ čŠąå­ くん æ–°åˆŠđŸ“€ - 【地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“ã€‘æœ€æ–°čŠą70čŠąãƒã‚ŋバãƒŦや感æƒŗīŧįžä¸–ãĢ到į€ã™ã‚‹ã‚‚â€Ļ

地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“ãŽãƒãƒŧãƒˆã‚’æ’ƒãĄæŠœãåč¨€é›†īŧåŋƒãĢéŸŋくã‚ģãƒĒフも

ããŽã¨ãã‹ã‚‰ã€æ™‚č¨ˆåŽˆã¨į¸ã‚’įĩãŗ時をæ­ĸめる力を手ãĢå…Ĩれるぎでした。 ã—ã‹ã‚‚ã€čŠąå­ãã‚“ãŽčĄ¨æƒ…ãŒã‚€ãĄã‚ƒããĄã‚ƒå„Ēしいãƒģãƒģãƒģ!!! 27 地į¸›å°‘åš´ čŠąå­ãã‚“ 6â€ĸ ですぎで、 2期ぎ望ãŋはけãŖこうあるぎではãĒã„ã‹ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。

6

地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“ãŽ2期はいつīŧŸã‚ĸãƒ‹ãƒĄãŽįļšããƒģ゚トãƒŧãƒĒãƒŧは原äŊœãŽäŊ•åˇģからかネã‚ŋバãƒŦīŧ

こぎ世į•Œã§ã€ã‚ぞねとしãĻæŽĨしãĻいるとき。

26

【地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“ã€‘æœ€æ–°čŠą67čŠąãƒã‚ŋバãƒŦや感æƒŗīŧã‚šãƒŸãƒŦぎ過åŽģ

性æ ŧも変わり、åŖčĒŋãŒč’ããĒる。 č­°éĄŒã¨ã—ãĻã¯čŠąå­ãã‚“ãŒä¸ƒä¸æ€č­°ãŽäžäģŖをåŖŠã—ãĻ回ãŖãĻいるためãĢå­Ļ園ãĢæ€Ēį•°ãŒč”“åģļることでした。

4

地 į¸› å°‘åš´ čŠąå­ くん 13

ãĩわãĩã‚ã—ãŸæ„č­˜ãŽä¸­ã€å¯§ã€…ã¯įĩåą€čƒŊéĸãŸãĄãĢé€ŖれãĻいかれãĻしぞいぞす。 īŧˆCīŧ‰ã‚いだいろ ã€Œãƒ¤ã‚ˇãƒ­ãŒã‚ãŽå­ãĢč§ĻられãĒいようãĢしãĻ。 しかし、つかさ達ãĢよãŖãĻ"éĻ–ぎ折れたåšŊ霊"としãĻæ€Ēį•°ãĢ変えられãĻしぞい、čĨ˛ã„掛かるようãĢãĒãŖãĻしぞãŖた。

27

地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“(ã‚ĸãƒ‹ãƒĄ) čĩ¤æ šč‘ĩぎæ­ŖäŊ“はã‚Ģãƒŗナゎ様īŧŸãƒã‚ŋバãƒŦč€ƒå¯Ÿ

ããŽåžŒã‚‚čŒœãŒč‘ĩぎåĨŊきãĒã‚‚ãŽã‚’čžã„ãĻ、いろんãĒį´„束をしãĻゆくäēŒäēē。 䞝äģŖですし、やはりį‰šåˆĨãĒæ„Ÿæƒ…ã‚’æŠąã„ãĻいたぎでしょう。

25

地į¸›å°‘åš´čŠąå­ãã‚“ã€æœ€æ–°įŦŦ55čŠąã€‘ãƒ¨ãƒžã‚¤ã‚´ãƒˆãŽãƒã‚ŋバãƒŦと感æƒŗ!

垌悔 中ぎ道は暗くį‹­ã„æ´žįĒŸãŽã‚ˆã†ãĒ場所でした。 初めãĻįŸĨãŖたč‡Ē分ぎå¯ŋå‘ŊãĢ動æēする。 ã‚ĸãƒ‹ãƒĄãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗプロデãƒĨãƒŧã‚ĩãƒŧ - 比嘉勇äēŒâ€ĸ ゚クã‚Ļェã‚ĸãƒģエニック゚. į”Ÿč´„ãŽå¨˜ã‚’č‚˛ãĻるäģŖわりãĢ地äŊã‚’åž—ãĻいたぎがčĩ¤æ šåŽļ。

9