🎈ホンダ gm 提携😀 - EGOBインターネット同好会

ホンダとGMが提携関係を拡大! 商品開発にまで踏み込んだ協業の“ねらい”とは?

その4輪の低迷は、伊東孝紳・前社長の時代に世界販売600万台を掲げて推し進めた急激な拡大戦略が招いたものだ(2019年度は479万台)。 自律走行車の研究は、お察しのように費用がかかる。

21

GMとホンダ、北米で提携確立へ…電動パワートレインや車台の共有に向けた検討を開始

両社は車台の共同開発など具体的な作業を2021年初めにも始める考えだ。 ホンダは1959年に米国に進出し、80年代にアコードの生産を開始するなど日系メーカーとしていち早く米国での知名度を高めてきた。

26

ホンダとGMの資本提携なき協業強化 懸念出るなか「しなやか」と高評価も: J

新型コロナウイルスの影響により当面の計画は不透明感を増しつつあるが、これは各社とも同じことで最有力であることに変わりはない。

27

“一匹狼”のホンダが、GMと組んだ事情

さらに車車間通信を二輪まで拡大するとすれば、言わずと知れた二輪トップシェアのホンダですから、二輪と四輪の両方でトップシェアの規模を生かして完全に自動運転時代のデファクトを取れる可能性大。 設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。

12

ホンダとGMが電気自動車の開発で手を組む理由

5%と、高収益の二輪部門13. また、コネクティッドと呼ばれる車とインターネットを結ぶサービスでも協力を検討します。 18日にはも流れて、来年から車載とクラウドにAndroidを統合してGoogleのサービスを提供する模様です。 6%に大きく後れを取っている。

4

ホンダがGMとの本格的な提携に乗り出す 日産との統合は「ノー」?(THE PAGE)

ホンダも年間8000億円超の開発費を投じるものの、独フォルクスワーゲン VW やトヨタ自動車など業界トップメーカーやIT大手に比べると見劣りする。 ぶつかりそうになってやっとハンドルを握り、 助手席の役員に脊椎骨折を負わせたりしています。

17