🥇ヨハネ の 黙示録 解説🎈 - 世界の終わり ヨハネの黙示録が描く終末

ヨハネの黙示録1章の解説

それは 知恵と 悟りの霊、 はかりごとと 能力の霊、 主を知る知識と 主を恐れる霊である。

16

世界の終わり ヨハネの黙示録が描く終末

『右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。

11

7つの教会

この小羊によって7つの封印が開かれ、終末の出来事がもたらされるのである。

8

7つの教会

(皇帝ヴェスパシアヌスの時代) Rev 1:19 そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。

29

ヨハネの黙示録を味わう

第五のラッパでは、1つの星が地上に落ちてきて、底なしの淵まで通じる穴を開けてしまう。 地は彼の栄光によって明るくされた。 黙示録1:10節で使徒ヨハネは主の日に御霊の感動を受け、うしろの方で、ラッパのような大きな 声がするのを聞きました。

12

7つの教会

5:11 [ ] さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使たちの声が上がるのを聞いた。 ヘブル書1:7にはこうあります。

23

ヨハネの黙示録を味わう

イスカリオデのユダは、イエス様を裏切った事を後悔した後、もらったお金を返し、自ら首を吊って自殺をしました(マタイ27:3〜5)。 旧約時代には子供が生まれた後、八日目に割礼を行いました。

19

ヨハネの黙示録1章の解説

小畑進師の「ヨハネの黙示録講録」は全四巻からなっていますが、第一巻 1~5章 だけでも、なんと93回分の説教になっているのです。

18