👑月 と すっぽん 意味🌊 - ことわざ/月とすっぽん(つきとすっぽん)とは?

月とすっぽんの意味と類語について

「月とすっぽん」の意味は「2つのものが似ている様で全く違うこと」です。 また、優れたものと劣っているものの どちらを話題にしているかで使い分けることもあります。

4

月とすっぽん(つきとすっぽん)

今日長安の道、対面雲泥を隔つ」というものがあるのですが、これは「昔洛陽にいた時は貧しいながらもお互いに助け合ったものだが、今は長安の道ですれ違っても振り向くこともなく雲泥の隔たりを感じる」という意味です。

月の意味

【注釈】 月もスッポンも丸い形ではあるが、似ているのは形が丸いことだけで、その差は比較にもならないほど大きいことから。

28

「月とすっぽん」とは?意味と使い方!語源を紹介!本当の意味?

このように、「同じ穴の狢」とは、 一見悪くなさそうに見える人を悪い仲間として くくるような時に使うわけです。 なるほど、これは少し同調できました。

「月とすっぽん」の意味とは?意味や使い方を解説!

でも月は綺麗なので良い例えに使われるのは よくわかるのですが なぜスッポンが悪い例えに使われるのか、 ちょっと不思議です。 現在でも、旧暦と呼び、日めくりなどには、記載されています。

13

ことわざ「月とすっぽん」の意味と使い方:例文付き

そしてこの「アナグマ」ですが、 非常に鋭い爪を持っており、穴を掘るのが得意な動物として知られています。 納得いきません! 非常に疑り深い性格の私個人の問題もありますが、正直、何とも納得ができません。 「かなりの差がある」という意味で使われることわざです。