👑į—…é™ĸ čĻ‹å­Ļ お į¤ŧįŠļ👌 - おį¤ŧįŠļぎ書き斚īŊœįœ‹č­ˇå¸ĢãĢãĒろう

į—…é™ĸčĻ‹å­Ļぎおį¤ŧįŠļぎ厛名ãĢついãĻ教えãĻください。

é™ĸå†…ãŽæŽƒé™¤ãŒčĄŒãåąŠã„ãĻいるかもčĻ‹ãĻおきぞしょう。 į—…é™ĸ名、部įŊ˛åã€åŊščˇã€čˇį¨Žã€å€‹äēē名と書いãĻいきぞす。

11

į—…é™ĸčĻ‹å­Ļぎおį¤ŧįŠļぎ䞋文を教えãĻください

いつもおåŋƒãĢかけãĻいただき、åŋƒã‚ˆã‚Šæ„ŸčŦį”ŗし上げぞす。 įžäģŖã¯ãƒĄãƒŧãƒĢというäžŋ刊ãĒツãƒŧãƒĢが晎及し、į°Ąå˜ãĢやり取りができる時äģŖです。 厛名ãĢは、「æŗ•äēē名」「į—…é™ĸ名」「部įŊ˛ã‚‚しくはį—…æŖŸåã€ã€ŒåŊščˇã€ã€Œæ‹…åŊ“č€…ãŽãƒ•ãƒĢネãƒŧãƒ ã€ã‚’č¨˜čŧ‰ã—ぞす。

č–Ŧå­Ļį”ŸãŽį—…é™ĸčĻ‹å­Ļ_おį¤ŧįŠļįˇ¨

そぎį—…é™ĸで働きたい思いがåŧˇã„å ´åˆã€ã€Œč˛´é™ĸã§åƒããŸã„æ°—æŒãĄãŒä¸€åą¤åŧˇããĒりぞした」ãĒãŠãŽæ–‡č¨€ã‚’æœŦ文中ãĢį››ã‚Ščžŧむとよいでしょう。

23

čĻ‹å­Ļぎおį¤ŧįŠļぎ書き斚

æ–Ŋč¨­ã¯ã€į—…é™ĸと違いīŧĄīŧ¤īŧŦも大äē‹ã§ã™ãŒã€īŧąīŧ¯īŧŦとそぎäēēらしさを支援することであると攚めãĻåŽŸæ„Ÿč‡´ã—ãžã—ãŸã€‚

26

į—…é™ĸčĻ‹å­Ļぎおį¤ŧįŠļīŊœįœ‹č­ˇå¸Ģぎ場合ぎ䞋文をäŊŋãŖãĻå¸Œæœ›ãŽå°ąčˇå…ˆã‚’å‹ãĄå–ã‚ã†

æ‚Ŗč€…æ•°ã¨é‡į—‡åēĻ į—…åēŠį¨ŧ働įŽ‡ã¨é‡į—‡åēĻをčĻ‹ãžã™ã€‚ 02 į›ŽæŦĄ 1. æ˛ģį™‚はåŒģå¸Ģ、æ˛ģį™‚ã‚ĩポãƒŧトはįœ‹č­ˇå¸Ģ、č–Ŧはč–Ŧ剤å¸ĢãĒおãĒおâ€Ļ。

おį¤ŧįŠļぎ書き斚īŊœįœ‹č­ˇå¸ĢãĢãĒろう

ãƒŦジナビでも同様ですがčŗĒ問は å…ˇäŊ“įš„ãĒ斚がよいです。 これからぞだ寒くãĒりぞすが、くれぐれもおäŊ“ãĢはお気をつけãĻã€č‰¯ã„ãŠåš´ã‚’ãŠčŋŽãˆãã ã•ã„。

į—…é™ĸへぎé€ŖįĩĄãƒģæ›¸éĄžãŽæē–å‚™

ナイã‚ŋãƒŧīŧšã¯ãĒ įžåŊšįœ‹č­ˇå¸ĢぎフãƒĒãƒŧナイã‚ŋãƒŧ。 įžåœ¨į§ã¯į´°čƒžæ¤œæŸģåŖĢčŗ‡æ ŧ取垗ãĢ向けãĻ勉åŧˇä¸­ãĒぎで、 がんč¨ēį™‚é€Ŗæē拠į‚šį—…é™ĸとしãĻ指厚されãĻã„ã‚‹č˛´é™ĸで、 将æĨįš„ãĢはį—…į†éƒ¨ã§į´°čƒžæ¤œæŸģåŖĢとしãĻåƒããŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。 ところがį—…é™ĸ原įŋ’ぎためãĢåŒģ大į”Ÿã‚„įœ‹č­ˇå­Ļį”Ÿã‚’受けå…Ĩれることは、į°Ąå˜ãĒことではありぞせん。

9

čĻ‹å­Ļぎおį¤ŧįŠļぎ書き斚

「į—…é™ĸčĻ‹å­ĻãĢčĄŒãã€æ™‚ã¯ã€ŒæŽĄį”¨čŠĻ験ãĢčĄŒãã€ ãã‚‰ã„ãŽæ°—æŒãĄã§ã„ã‚‹æ–šãŒã„ã„ã‹ã¨æ€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚ į—…é™ĸčĻ‹å­ĻぎįŦŦ一ぎį›Žįš„ã¯ã€Œčˇå ´ãŽé›°å›˛æ°—ã‚’įŸĨる」ことですから、6嚴時ãĢį—…é™ĸčĻ‹å­ĻãĢčĄŒãä¸€įˇ’ãĢ働くことãĢãĒるäēēãŸãĄã‚’ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒå¤§äē‹ã§ã™ã€‚

13