🎈ボウモア 12 年🔒 - ボウモアNo.1新発売/バニラ様と潮の香のコラボ [ウイスキー&バー] All About

ボウモア12年を飲んでみた感想

この貯蔵庫は海に近い海抜0メートルに位置し、風が強い日にはまともに波しぶきを受け、原酒は潮の香りに満ちるのです。 フィルバーボン樽でモルトウイスキーを熟成するとバニラ様の甘さが生まれるといわれている。

21

【レビュー】アイラモルトの女王様 ボウモア 12年

12年に比べベリー系の香りと味わいが長く続く為、かなりの長熟品と感じる方も多いようです。 その他各特典の詳細は内訳欄のページからご確認ください. オロロソシェリーで3年間漬け込んだスパニッシュオークのシェリー樽で10年間熟成させた原酒のみを使用した限定ボトルです。

14

ボウモア 12年

。

【レビュー】アイラモルトの女王様 ボウモア 12年

初めて飲むアイラモルトとしてもおすすめなので、ぜひ一度ボウモア12年を味わってみて下さい。 スコッチウイスキーでは、ほとんどの蒸留所が麦芽製造のすべてを委託しているのに対し、ボウモアでは使用する麦芽の3割を伝統的なフロアモルティングを行うことにより作っています。

16

ボウモア12年/ベストバランス・アイラの魅力 [ウイスキー&バー] All About

(飲んだ後) 最後にガツンとスモーキーなモルト感がきて後味を引く。 By: アイラ島の浜辺に位置するボウモア蒸留所が「ボウモア」の製造場所です。

10

アイラモルトの女王『ボウモア12年』の魅力とは?味わいの特徴や飲み方を紹介

1貯蔵庫の1st. フィルバーボン樽熟成モルトと呼ばれる、一度バーボンウイスキー熟成に使用されたホワイトオーク樽でのみ熟成させたモルトだけを使用して生まれたことによる。 コストパフォーマンスという意味でもこの値段なら妥当、という感想が多いですね。 アイラ島には多くのウイスキー蒸留所がありますが、ボウモア蒸留所はアイラ島の中でも最古の蒸留所です。

28