🌊藍 吉野川 トロッコ🏆 - 藍よしのがわトロッコ ~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅

まもなく運行開始「藍よしのがわトロッコ」、車両展示イベント

絞り染めをモチーフにした水玉模様もあしらわれている。 9 1. また、11月22日(日)~23日(月・祝)には、三井アウトレットパーク大阪鶴見で「四国ぶらり横町~四国観光物産展~」が開催される。 藍よしのがわトロッコ 外観イメージ 画像:JR四国 JR四国は7月27日(月)、「おでかけ。

18

徳島線

無煙化後に徳島県でが走ったのはこの列車のみ。 3 B04 64. 駅弁も復活! また本トロッコ列車の運行を機に、栗尾商店で販売していた「阿波尾鶏とりめし」にトロッコ列車オリジナルアレンジを加え車内限定で販売します。 定員は56人で、本年度は10、11月の土日祝日と3月27、28の両日に各1往復運行する。

7

JR四国 観光列車「藍よしのがわトロッコ」仕様車(キクハ32

8 17. 全車指定席で、1号車がトロッコ車両、2号車が座席車両となっており、座席番号は共通。

13

まもなく運行開始「藍よしのがわトロッコ」、車両展示イベント

JR四国の新しい観光列車「藍よしのがわトロッコ」の車両が3日、高松駅で初めて公開された。 基本計画の記述に従い佐古駅を高徳線の駅とみなした場合、徳島線所属駅は22駅となる。 また、「藍」繋がりでいえば、昨年12月に運行開始した南海フェリーの「フェリーあい」をアクセスとして利用することも可能です。

4

藍と吉野川がテーマのトロッコ列車、JR四国が初公開:朝日新聞デジタル

(昭和63年):線名を 徳島線に改称。 定員23名のマイクロバスを改造したもので、阿波海南駅から高知県の甲浦駅までは列車で、甲浦からはバスに変わって室戸方面への観光地に向かって走る。 なお、弁当は事前予約制であり、トロッコ列車の指定席券を購入の上、乗車日より土日祝を除く4日前までに製造業者へ直接電話して予約する必要がある(弁当はで積み込み。

19

JR四国、新たなトロッコ列車「藍よしのがわトロッコ」10月運行開始

1 B10 50. 8 B08 I 1934-1941 II 1957- 53. このフォント、柔らかくていいですね。 6 B17 30. ヘッドマークの「藍」の文字は、徳島県阿南市在住の書家・天羽汕景の作です。